テーマ:由来

桃源郷、シャングリラ、ユートピアー理想郷あれこれ

桃の花が咲き乱れる季節になりました。場所によっては、桃の花が里一杯に咲き誇り、春の野山はまさに桃源郷のようになります。私はこのような風景を過去に何回か目にして、本当の桃源郷はどこにあるのだろうと、ずっと前から思っていました。 今回はどの人も心の中で密かに探している桃源郷など理想郷のことについて考えてみました。 ★桃源郷は…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「すし」の言葉:醤油ってどうして「むらさき」?/「助六寿司」はなぜ稲荷寿司と巻き寿司なの?

お寿司屋さんに行くとちょっとわからない独特の言葉が聞こえます。お客にもその言葉で話しかけてくることがあります。お客も通ぶってそんな言葉を使っている人がいます。本当は通ぶらないで普通に言うのが店側には受けがいいようです。しかし、どうしても聞こえてくる主な言葉だけでも、少しは知っておくのも損はありません。 そこで今回は、私が寿司屋でよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

数字「3」をめぐるよもやま話:東京タワーは3づくしの不思議

以前、数字の「7」にからむ話を書いたことがあります。この「7」とともに気になるのが「3」の数字です。「3」には種々の熟語、ことわざ、言い回しがあり、調べて行くと面白いことが多いですね。そこで今回は「3」をめぐる言葉、事柄について書いてみました。 なおこのブログの中の「7」についての話は下記ページを参照ください。 http:/…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

男と女をめぐる英単語の話:ベターハーフはなんで半分なの?/ハズバンドは家を持っている人?

男と女の関係や特性に関する言葉は古今東西多いですね。今回は英単語関連のそうした話題をいくつかピックアップして書いてみました。 ★ベターハーフ(Better half)はなんで半分(Half)なの? よく夫婦の相手のことを「ベターハーフ」(Better half)と呼びますね。夫婦のパートナーのことは配偶者、伴侶、連れ合いなど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「きよしこの夜」(Silent Night)の歌は教会のオルガンが鼠にかじられたことから始まった

クリスマスが近づいて来ると、街のいたるところから、いわゆるクリスマス音楽が聞こえてきます。その中でずっと昔から、静かに歌われてきた曲が「きよしこの夜」(Silent Night)です。私は幼年時代、キリスト関係の幼稚園に行っていたせいか、クリスマスの音楽はよく聞いていました。それが今でも耳に残って、ある意味ノスタルジックに聞こえます。こ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「天ぷら」は誰が名付けたか?:天ぷら、薩摩揚げ、はんぺんはどう違う?

私は「天ぷら」が好きで、良く食べます。少し前に築地に行って、昼食に行列を並んで海老の天丼を食べました。その海老の天ぷらの大きかったこと、丼をはるかにはみ出していました。この「天ぷら」の名前、衣で包んで油で揚げてあるモノにしては、「天」とか「ぷら」は変と思いませんか?また西日本では東京で「さつま揚げ」のようなものを「天ぷら」と言っています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「鳥居」と「鴨居」;どうして「鳥」の名前と「居」がつくのだろう?

神社に行くと、そこに入る前にたいてい鳥居があります。「ここから神域ですよ」という知らせのようなものです。鳥居には京都の平安神宮や安芸の宮島のように大きくて立派なものから、小さなお稲荷さんの前にある、比較的簡単なものまでまであります。鳥のつく言葉はたくさんありますが、下に居がつくものがあり、鳥居の他にも鴨居、敷居があります。 今回は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「スイス」の本当の名前は「ヘルベチア」?

以前、世界の小さな国々について書いたことがあります。私は地理や地図が好きで、地図は毎日のように眺めています。最近は書籍の地図だけでなく、Web上で見れる地図、地球儀、それに関連するページも見ていますが、そうすると時々「なにこれ!」と言ったような発見があります。今回の話はスイスの国名とスイスに関連することです。 ★スイスはヘルベチア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の周りの食べ物のよもやま話:アメリカン・コーヒーは何故薄い?

私が日々食べたり、飲んだりしている飲食物には面白い隠しネタとも言える物語が潜んでいます。今回は私が普段から接触している食べ物の面白話です。 私は朝、たいていパンと共に薄いアメリカン・コーヒーを飲みます。そしてオヤツにはしばしば大好きなピーナツを食べます。またホンワカしたお菓子のカステラに目がありません。さて、これらの飲食物には話が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アカデミー賞のオスカーはおじさんの名前からだったー英語の裏話その2

前回、英語の裏話をいくつか書きました。しかしまだまだあるので、今回は「その2」として、英語の裏話を書きます。英語に関連していますが、今回は英語そのものではなく、少し英語から離れたような話を選びました。今回もストーリーを楽しみながら読んでみてください。 ●アカデミー賞のオスカー(Oscar Statuette)はおじさんの名前だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グロッギー(Groggy)はイギリス水兵の酔っぱらいからー英語の裏話

英語の言葉にはたいてい、何らかの由来や語源があり、調べてみると切りがないほど沢山あります。しかし単に、直接的に語源をたどるだけではあまり面白みがありません。その言葉にまつわる小噺(こばなし)や裏話のようなものがある英語の言葉には「なるほど!」、や「エーそうだったの!」と言った面白いものがあります。今回はそんな裏話のある英語の言葉を集めて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

単位のいろいろー1秒はどうして決まったのでしょうか?

私の家にはいつからか、SI単位一覧表なるものがあります。プラスチックの下敷きになっていて、単位について、何かわからない時は、これを見ればだいたいわかります。現在、国際的には不揃いな単位の統一化を図っていて、このSI単位(仏語: Le Système International d'Unités、英語: The…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

A rolling stone gathers no moss「転がる石に苔むさず」異なる解釈

英語のことわざに"A rolling stones gathers no moss"(転がる石に苔むさず)があります。このことわざはイギリスとアメリカで受け止め方が違っています。この言葉は日本でも考え方次第で違いが出てきます。ことわざはある国や地方における、文化や風土、考え方などにより、似たような言葉でも解釈に違いが出ることがあります。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

イギリスのマザー・グースの歌「ロンドン橋」の謎:この橋はどうしてそんなに落ちたのでしょうか?

ロンドンには橋が多くかかっています。その中で「ロンドン橋」(London Bridge)は過去にとてもよく落ちました。マザー・グースの歌で、「ロンドン橋」というのがありますが、この歌には落ちた経過と歌の謎が含まれています。 「マザー・グース」 (Mother Goose) とは、おとぎ話と童謡(ナーサリー・ライムズ :Nurser…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロンドンのバスはどうして2階建てなの?ーイギリスにちなむ話題

今年(2012年)はロンドンで夏期オリンピックが7月27日から開催されます。そこで今回はロンドン、イギリスに絡んだ面白い話を書いてみました。イギリスはさすがに世界に冠たる大英帝国を作ったことだけのことはあり、様々な事柄、機械、スポーツなどの発祥の地であり、その由来や歴史にも面白いものがあります。とてもたくさんありますが、今回はちょっと変…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

童謡「赤い靴」の女の子は異人さんにつれられてアメリカへは行ってなかったー赤い靴の真実

横浜の海を望む山下公園は、いつも人で賑わっています。もう航海しない氷川丸が岩壁に繋がれ、外国から入港した客船が見えます。そして公園の中程には童謡「赤い靴」の銅像があります。この銅像を見て、「ここから赤い靴の女の子はアメリカへ旅立っていったのだなー」と思いにふけっていました。しかしあるとき、横にいる人達が、「実際には女の子はアメリカに行っ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「社会の窓が開いている」はどうして英語では「XYZ」なのか?ー婉曲に言う英語の言い回し

男性で、ズボンのチャックが開いたままになっていることを、「社会の窓が開いてている」と言いますね。このような微妙なことは、何となく遠まわしのような表現でそれとなく言うことが多い。英語でも、このような場合は、まともに言わずに、婉曲に言うほうが、ユーモラスもあり、その場が収まり易いですね。 今回はちょと変わった、このような英語の言い回し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「大きな古時計」の歌と謎;おじいさんとその家に伝わるミステリーとは?

何気なく聞いたり、歌っている歌や曲には、それが出来た背景がたいていあります。少し前ですが、平井堅の「大きな古時計」の歌が大ヒットしました。しかしこれは古くからある曲で、もちろん日本の歌ではありません。この歌には興味深いストーリーが背景にあります。少し前にこの背景を知ってから、いろいろ調べてみました。今回はこの歌の背景や逸話についてです。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

飲食店前の盛り塩は中国皇帝の愛妾のアイディアから-塩の話題

最近、塩麹(しおこうじ)ブームです。我が家でも作っており、種々利用しています。塩は人間にとってはなくてはならないもの。昔、上杉謙信が宿敵の武田信玄が塩がなくて困っているとき、塩を送り、「敵に塩を送る」とのことわざができました。そこで今回は塩を中心に話します。 ●飲食店前の「盛り塩」は中国皇帝の愛妾のアイディアだった。 飲食店…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

時計回り(CW:右回り)と反時計回り(CCW:左回り)には興味深いことや錯覚がある

私はかって、Clockwise(CW/時計回り:右回り)、Counter clockwise(CCW/反時計回り:左回り)で苦労したことがあります。CW, CCWは機械関係では常識的な略号で辞書にも出ています。一般の人にはどちらに回転してもあまり影響ないことが多いのですが、場合によっては、正しく回転方向が設定されてないと、とんでもないこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ゴマすりは英語で"Apple Polisher"(りんごみがき)とはどうして?ーりんごの話;その2

前回の記事でりんご(Apple)のことを書きましたが、まだ面白い話題があるので、今回もりんごと関連のことにします。「ゴマすり」と「りんご」についてです。 ●「ゴマすり」のことを英語で"Apple Polisher"(リンゴみがき)というのはどうして? 「ゴマすり」とは、気に入られようとして、相手に媚びって、自分の利益をはかろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アップル社のマークはどうしてりんごで、かじったような形なんだろう?ーりんごの話

アメリカのアップル社のiPhone, iPadなどは大変な売れゆきで、故スティーブ・ジョブズ氏の先見性、経営手腕のすごさが改めて感じられます。私もiPad, iPod Toutchを操作していて、日本人ではどうしてこうした革新的なものが思いつかなかったのだろうと思います。 ところで、アップル社のマーク(商標)は、りんごをかじったよ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more