「人の噂も75日」は英語になると"9 days" 

めっきり寒くなり、冬本番も近づいてきたようですね。昔から日本では24節気、72候があり、微妙な気候の移り変わりを言葉にして季節を感じています。この24節気に関連して、ことわざに「人の噂も75日」があります。噂も75日経過すればなんとなく薄れてしまうことですが、昨今ではせちがらくなって75日も立たないうちに違う話題に移ってしまうようですね。しかしことわざはどうして75日なんて中途半端な期間なのか?これにはいろいろ説があるが、24節気がからんだ日数からきたのが通説のようだ。

24節気ですが、1年を24等分して「1節気」の15日間になり、さらに3等分した5日間は72ある「候」と呼ばれる。人の噂も節気(15日)が5回も変われば(75日)、季節も変わっていつのまにか薄れてしまうだろうと言うのが一般説。また畑仕事のサイクルが70日くらいが多いので、75日もあれば1サイクル終わりで忘れてしまうなどの説。75の数字がゴロがいいこともある。また昔から3、5の数字は縁起がよいとされているのも関係ある。七五三もそうですね。

さて日本語のことわざに対応する英語の類似のことわざに "A wonder lasts but nine days"(不思議なことも9日まで) がある。これもどうして9 daysなのだろう?これまたいろいろ説があるが、1600年ころイギリスの小説で9日間の旅物語を"Nine Days Wonder"としたことが始まりとか、カトリック教会ではで9日が区切りの祭事が多く、この間うさを忘れて騒ぎ、9日終われば日常に戻るので、9日になったとか。さらに生まれた子犬は目を開けるまで9日かかるので、みんないつ明けるのかずっと注目しているので9日になったの説。これに関して"A wonder lasts nine days, and then the pappy's eyes are open"(驚きは9日間続き、それから子犬の目が開く)との言い回しもある。どちらにしても外国は噂が消えるのが75日よりずっと短いようです。

日本語には数字が入っていることわざが多くあるが、英語も多い。ただし5以上の数字が入っていることわざは少ない。多数を英語で表すのは9の数字が多い。8はあまり使われない。7はラッキーセブンで使われる。一般的にヨーロッパでは奇数(odd number)のほうが偶数(even number)より神秘的な数字とされ好まれている。

9を使った慣用句の例としては"Dressed up to the nines"(せいいっぱいお洒落をする)、"On cloud nine"(有頂天になる)、"In nine cases out of ten"(十中八九)などがあります。

数に関係あるのでちょっとわかりにくいのが"a baker's dozen"。パン屋の1ダースのことですが、これがなんと13個を意味しています。1ダースは12個でしょうと言いたくなるが、a baker's dozenと英語で言ったら13個を意味することなのです。イギリスの13世紀ころ、パン屋が重さをよくゴマかすので、国王がゴマかしに対して厳しい罰則をとった。パン屋は売るときの個々のパン重さを正確に作れないので、しかたなく1ダースに1個おまけして13個にした。これがパン屋の1ダースは13個(a baker's dozen)になった。英語で"I have to buy a baker's zoden of eggs for dinner"と言ったら,13個の卵を夕食用に買わないといけないことの意味になります。

まだまだ数字にはいろいろと興味深い表現や意味合いの違いがあるようです。数字そのものだけ覚えていると、上記のように違う意味にとってしまうことがあるので、よく出てくる慣用句だけでももう少し覚えておきたいと思います。

"「人の噂も75日」は英語になると"9 days" " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント