イギリスの島をGreat Britainとなぜ呼ぶのだろう?

先日福島の"British Hills"へ行ってきたが、今回はその"British, Britain"に関することです。なんの気なしにBritishと使ってきたが、ちょっとこれについて考えてみました。

イギリスの正式国名は"United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(略:UK)"である。そしてその島は"Great Britain Island"と呼ばれる。またこの島にはEngland, Wales, Scotlandの一種の国のような地域がある。北アイルランドはアイルランド島の北部にある。

先日"British Hills"に行って、Scotlandから来た先生に"Are you from England?"と言ってしまって、後で"England"を"Britain"にした方がよかったかなと思った。イギリスではEnglandとScotlandは区別しているらしい。Englandは"Great Britain"の一部であって必ずしもイギリスの総称ではない。最近イギリスでは日本語の「イギリス」の感覚で言う場合は"Britain, British"と言うようにしているとの記事を見たことがある。イギリス本国や日本でもイギリス人に話す場合は気をつけたほうがいいですね。でも日本人にはすっきりと区別して言うのが難しい気がする。

ところでなぜ"Great Britain"とこの島全体を呼ぶのだろう。Greatは余分ではないか?それには以下の由来があった。

紀元前の大昔はAlbion(アルビオン:ドーバーの崖から白いの意味)と呼ばれていたらしい。その後この島には"Briton"(ブリトン)人が住んでいた。ギリシャ人はこの島を"Britania"(ブリタニア)と呼んでいた。紀元前後にはローマ帝国が島を占領し。Briton人の一部はローマの圧迫から逃れるため大陸のフランスに渡り、そこに定住した。そこが今のフランスの"Bretagne"(ブルタニュ地方)でBritaniaのフランス語読みである。Briton人はここを"Little Britain"と呼び、故郷の大きな島を"Great Britain"と呼んだ。民族の名前がついた地域として、フランスにはこの近くにノルマン人が住んでいたノルマンジー地方がある。18世紀ごろにはこの島の統一王国のGreat Britain王国ができ、このGreat Britainの呼び方は定着した。またEnglandの呼称だが、5-10世紀の今で言う"England地域"にはアングロ・サクソン人などのゲルマン系の各種民族がおり、そのうち多数をしめるアングル人の土地から、Angle+Land=>しだいに変わってEnglandになった。

明治に日本の国名を大日本帝国とつけたのも、イギリスのこのGreatを偉大なと解釈したからだそうだ。しかし実はGreatは単に大きいの意味が主だったようだ。大英帝国も英語のBritish Empireの日本語的な訳である。ちなみに大英帝国とはいまのUKプラス海外植民地を含んだ総称で、植民地が独立した後はイギリス連邦(Commonwelth of Nations)になった。

イギリスは昔から種々の民族が入り乱れて住んで来ていて、現在も多民族国家である。11世紀から約300年間はフランスのノルマン人に占領され、フランス語が公用語で、英語すら使えない時代があった。こうしたことから英語にはいろいろな民族の言葉が入り混じっている。最近読んだ本には、昔からの本来の英語(本来語)で話すのが一番心地よく、説得力あるそうだ。本来語とは昔からの英語単語で、have, take, getなど簡単なスペルが多く、やさしく、覚えやすい。外来語はたいてい長く読みにくい。今私はなるべく英語では本来語を使って書き、話すようにしたいと思っているが、実はこれがなかなか難しいことに気がついた。難しい言葉の一言で説明した方がずっと楽なことがある。以前書いた井上ひさしの「むつかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに」の精神である。日本語も英語もどうしたらこれをうまく実践できるかなと思う。

Great Britain Island(England, Scotland and Wales)隣のIreland島にNorthern Irelandがある

画像

"イギリスの島をGreat Britainとなぜ呼ぶのだろう?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント