英語で「私」はなぜ大文字で"I"なのか?大文字、小文字はどうして出来たのか?

英語を最初に習うとき、いろいろな英語のきまりを理屈抜きで頭で覚えましたが、今になって考えてみると、どうして?と思うことが一杯あります。そんなの理屈抜きで覚えればいいんだよ!と言われるかもしれないが、どうも私には疑問を持ったまま英語を使うのに少し抵抗があります。それら全部の疑問は分からなくても、せめてよく使うきまりだけでもその由来を知って、英語を理解すれば、もっと英語が身近になり、面白みが増して、分かりやすく勉強できるのではないかと考えました。

そこで今回は「私」の意味の"I"はどうして大文字の一語で表現しているのかを考えてみました。昔の古英語では"ic" "ich" "ik"などが私の意味で、「イック」と呼んでいたらしい。ドイツ語の"Ich"(イッヒ)が「私」であるのと似ていますね。さてこの"ic"はよく使われるので、次第に「イック」が「イッ」だけの発音になり、"ic"は"i"と書かれるようになり、読み方も「アイ」になっていった。15世紀ころから印刷技術の発達により、ただ"i"と印刷すると細いし、なんだか他と分からなくなった。「私」を書く時はもともと自分を強く主張する時であり、"i"だけだと弱々しく見えるのはなんとも都合が悪い面もあった。それで"i"を大文字の"I"にしてはっきり分かるようにしたのがIの大文字化の始まりのようです。

次の疑問は英語にはどうして大文字と小文字があるのでしょうか?日本語には漢字、ひらがな、カタカナがあるが、大文字、小文字はない。ヨーロッパ系の言語には大文字、小文字があり、単語はスペースで区切られている。あるところで外国人が「日本語を全部ひらがなにして、スペースで区切れば漢字なんかいらないのでは?」と変な理屈で提案していたが、漢字やひらがなをまじえての日本語の微妙な使い方、表現の仕方がそれではできないと思う。

昔「アルファベットAlphabetはもともと大文字だけだったとか。「アルファベット」の言い方通り、これはギリシャ語のアルファ"α"と次の文字のベータ"β"のことで、日本語の「いろは」のように"ABC"とは呼ばないですね。ローマ時代の紀元前1世紀ごろ大文字のABCが生まれ、これが23文字の「ローマ字」(ラテン文字で日本のヘボン式ローマ字と違う)となった。その後J, U, Wが追加され26文字になり、さらにしだいに利便性を求めて7-8世紀ころから小文字が生まれるようになった。中世フランスでは、文芸活動が盛んになり、人々は文章をもっと沢山、早く書く必要性にせまられてきた。紙もまだ羊皮紙と呼ばれるもので、十分に需要に合うだけはなくて、節約の必要性があった。それゆえ紙になるべく早く小さく沢山書かねばならない。それで小文字が完成し、小文字を主に使うようになった。小文字は全般に丸く、くずしやすく、読みやすい。これにより中世の文芸は一層促進されたとのことです。

ところで英語には大文字を使うルールがありますね。ここまで大文字を追ってきたので、大文字のルールについておさらいをしてみました。

大文字にするところ:

1.文の書き出しの文字

2.固有名詞の先頭の文字(国名、言語名、人名、地名、曜日や月、有名な記念物など)

3.私の"I"

学校のテストで次のような問題が出ることがあるそうですね。

A.太陽、地球の英単語は大文字で始まるか。惑星として書く場合はどうか。

B.英語、数学の英単語を大文字、小文字の区分をして書きなさい。


Aについては、太陽は"sun", 地球は"earth"で小文字です。しかし太陽系の水星(Mercury),金星(Venus),火星(Mars)木星(Jupiter),土星(Saturn)など惑星として書くときは"the sun", "the earth"と"the"をつけます。火星などを大文字で書くのは固有名詞だからで、太陽、地球、月は言語発生前からあり、わざわざ天体や惑星と認識して名づけたものではない。またearthには地上、大地などの意味もあり、普通名詞です。惑星としての地球や太陽は"the"を付けて唯一無二のものを表します。

Bについては英語は"English"で大文字です。しかし数学は小文字で"mathematics"です。数学は学問の分類の科目で「普通名詞」だから小文字で始まります。"Physics"物理学などもそうです。しかし"English"は学問の分類の中でも細分化された「固有名詞」だから大文字で始まります。"English"は言語学(Linquistics)、外国語(Foreign language)などから英語、フランス語、中国語などにさらに細分化された固有の分野です。

しかし最近のInternet上では見栄え、読みやすさなど違う観点から、上記の本来のルール通りではないようです。ちょっとめんどくさいルールで忘れそうですね。皆さんは大文字、小文字をうまく使い分けていますか?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

Anne
2010年12月19日 15:32
Your explanation is interesting. I have never
thought about it. There're some obvious reasons
or rules to be used. I use their words withuot
having any question. You're so positive. Its
attitude is important to me in my daily life.
I'm glad to get your tip. Thanks, Jack.
Tomo
2010年12月19日 15:44
’I ' は確かに、’i 'より目立ちますよね。
ただ自分を主張するためかと思っていましたが、そうでもないんですね。いろいろ調べると発見が
あり面白そうですね。日常生活に刺激を与えてくれ
そうです。少し見方を変えないと....!
勉強になりました。
2010年12月19日 16:27
Hi Anne

There are many questions in English I wish to know. I will check them more and describe in this blog. In daily life, there are many strange matters but almost people never mind them including me.

Jack
Jack
2010年12月19日 16:29
私も当初ただ目立つためにだけ大文字と思っていましたが、いろいろと成り立ちがあるものですね。あなたも英語でどうしてと思ったことがありましたら調べてみたら?

この記事へのトラックバック