Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS 週の始まりは日曜日それとも月曜日?週番号とはなに?

<<   作成日時 : 2014/10/23 19:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

カレンダーを見るとたいてい、日曜日から始まり、土曜日で終わっているが、中には月曜日から始まり日曜日で終わっているものがある週末というと土日であり、なんとなく月曜日が始まりのように見える。ヨーロッパとアメリカではまた始まりは違うようです。本当はどこから1週間は始まるのだろう?

カレンダー:日曜日始まりの藤城清治の影絵のカレンダー

画像


★週の始まりは日曜日、それとも月曜日?

日本ではカレンダーは、日曜日から週が始まっているものが多い。しかし中には月曜日からのものある。アメリカのカレンダーでは日曜日始まりが多く、ヨーロッパでは月曜日からが多い。しかしこれはカレンダーでの話であり、週の始まりの本当はどうなっているのだろう?

仕事や学校で考えると、一般的には月曜から始まります。しかし日本では、ほとんどのカレンダーは、日曜からはじまっています。これは宗教に関係があります。キリスト教では日曜日はキリストが復活した日であり、休息日で、週の始まる日とされます。ユダヤ教では、休日は土曜日(神の天地創造の故事に由来)ですが、日曜日が週の始まりとされています。神が休息した七日目の日曜日を、ユダヤ教で、「安息日」と呼びます。またイスラム圏では金曜日が公休日とされ、日曜日始まりですが、土曜始まりのカレンダーもあり、統一されていません。

「月曜日始まり」、「週番号」表記のヨーロッパのカレンダー
画像

現在、私たちが使用しているグレゴリオ暦で、週と呼んでいるのは、ユダヤ暦由来のもので、それは日曜が週初となっています。暦を週単位に分ける方法はユダヤ教に始まります。旧約聖書の初めに、「神は6日間かかって世界を作り、7日目は休んでその日を安息日として聖別した」と書いてあることが週の考え方の根拠となります。すなわち、週の6日経過した最後の日に休日がくるのです。

この考え方は、キリスト教・イスラム教にも継承され週の終わりが休日となります。これにより日曜日が週末と誤解されやすいのですが、キリスト教社会では、日曜は安息日で休みなのは、日曜日はイエスが十字架上の死から復活したとされる曜日で、その為に礼拝日とし、週の始まりとしています。ルカ伝では復活の日曜日が「一週の初の日」であるとしています。このように、週の「始まりと終わり」と、「安息日と礼拝日」は別の独立した概念です。

安息日は宗教によって違います。神が休息した安息日(キリスト教では日曜)が、なぜ週の初めになるのか、考えてみると変ですが、キリスト教の日曜日と違って、ユダヤ教の安息日が土曜であることがポイントです。これは旧約聖書の「創世記」の記述に合っていることになります。つまり、安息日である土曜の次の日曜が、7日間が一周して、神の創造の第一日目に当たり、こうして日曜から週は始まり、安息日の土曜で終わるということです。このように宗教によって安息日と礼拝日の違いがあり、それが混乱をもたらしています。

旧約聖書:創世記のアダムとイブ

画像


ユダヤ教やキリスト教などでは、日曜から週がはじまるとの考え方が、日本には明治に導入され、カレンダーは日曜日始まりが多くなりました。しかし、欧州では仕事や学校の始まりである月曜を左端とのカレンダー印刷が一般的です。米では歴史的、宗教的な本来の週初である日曜をカレンダーの左端として表記しています。日本は、米国と同じです。

では週末とはいつでしょうか?あるアンケート調査では、「土曜日と日曜日」を『週末』と考える人が52%、次に「金曜日と土曜日」との人が14%で、多くの人が「土日」を『週末』と考えています。やはり仕事、学校などから考えると、土日をまとめて「週末」「ウイークエンド」と言った方が生活上都合よいようです。これは「週休二日制」が普及したこともあり、範囲を広げて、金曜日の夕方から日曜日までを、感覚的に「週末」と考えている人も多いそうです。

さて、なぜキリスト教では日曜日が週の始まりとしているのに、ヨーロッパの諸国では、カレンダーは月曜日から始まるのでしょうか?かって、英国を中心に欧州では日曜から週が始まっていましたが、1971年国際標準化機構(ISO)の勧告に従い、生活、実務上では、週は月曜から始まるとしました。現在ではEU加盟国はほとんどこの考え方です。国際標準(ISO)では、ISO 8601規定で、月曜日が週の始まりとされ、月曜日-日曜日を1-7で表します。

★週番号(Week No.)について

国際標準(ISO)では月曜日が週の始まりは分かりましたが、何月何日のように表すことを、週番号と曜日番号で特定することもできるようになっています。ヨーロッパのカレンダーや、ある特定の期限を示している表示のものでは、週番号で記載してあるものがあり、私も仕事で苦労しました。ヨーロッパの相手から、それはWeek40に送るなどと連絡があり、一体week40はいつのことだろうと初めはチェックするのに苦労していました。2014年でいうと、9月29日月曜日から始まる週が第40週になります。

その後、ヨーロッパのカレンダーを入手したり、日本のカレンダーに1月の初めから番号を横に書いて対応したり、パソコンのエクセル(ExcelのWEEKNUM関数)で週番号(Week No.)をチェックするようにしたりして、その後は楽にわかるようになりました。これが一般の人や、初めての人は対応が大変と思います。

「週番号」表記の「月曜日始まり」カレンダー

画像


「日付と時刻の表記に関する国際規格」 である ISO 8601 では以下のように週の番号を規定しています。

・ある年の第1週を01で表し、これによりその年の最終週は52または53となる。
・最初の木曜日を含む週がその年の第1週である。
・週番号は週の始まりを月曜日として数え、月曜日から番号1とし、日曜日を7とする。


例えば、2014年では、最初の木曜日が1月2日ですので、この週が第1週になります。もし最初の木曜日がその週にないのなら、その週は前の年の最終週となる。

なお何年何月何日と週番号を使用して表記したい場合は、西暦年数ー週番号(W2桁)ー曜日番号(月曜日:1ー日曜日:7)で表す。例えば2014年2月12日(水曜日)は第7週の曜日番号3なので、"2014-W07-3"となります。

曜日番号は日本でも実務には使われていて、例えば、航空便のフライト・スケジュールなどには月曜日は1として表記されています。空港などでタイムテーブルが置いてありますが、特に国際便スケジュールを見るときは曜日番号の表記のみの時があり、注意が必要です。

ANAの時刻表のサンプル:曜日は1−7番と説明されています。
http://www.anacargo.jp/ja/int/air_info/timetable/about.html

週番号のチェックには、下記のような検索サイトがあります。

週番号検索サイト:年と週番号を記入すると何月のどの週か分かる。
http://keisan.casio.jp/exec/system/1265524140

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヨーロッパのカレンダーや手帳をもらったら、週番号が表記され、月曜日始まりで、なんともいえない記載方法であり、見るのに手間がかかった覚えがあります。週給制もあり、週単位が中心で、日本の月単位の手帳の方が当方は便利だなと思いますが、あちらの人たちは感覚が違うのでしょう。ヨーロッパに旅行に行ったら、試しにこれらを買ってみると面白いですよ。もちろんこの頃は日本的なものもあるようです。何でもないことのようですが、月曜日始まり、週番号記載のカレンダーを見るたびに何か変な気持になった覚えがあります。

ビジネスですが、納期と金額を問い合わせたら、ドイツから、上記のように"Delivery is W07-3 and price is \10.000,00"(納期は2月12日で、価格は10、000円)と連絡があり、びっくりしたことがあります。数字も小数点がコンマ(、)で、千単位区切りがピリオド(・)なのです。こうした国際間のちょっとした違いも知らないと初めは驚きますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
理解するのに苦労します。カレンダーは世界共通だと単純に考えていましたが、この説明でよくわかりました。外国勤務の方は、言葉の壁ばかりか、このような日付の違いも把握していないと仕事もスムーズに行きませんね。Jackさんも苦労されたとか、慣れるまで大変だったと思います。それにしても、国によっては時差もあり、仕事上の苦労は想像しがたいです。
Anne
2014/10/25 10:41
暦の書き方、週の始まり、週番号、時差など考え方と表記方法は現在統一されていません。私は今まで、各国でカレンダー、手帳、地図を買っており、その違いが面白いですね。
身近な例で、航空便の曜日の表記のように、数字で書いてある場合のあり、初めてだと一瞬とまどいます。関係ない人はこうしたことは全然知らないで一生とうるのでしょう。

カレンダーでは日曜日始まりですが、どうも実生活上ではたいていの日本人は、月曜日が来ると、また新しい1週間がはじまるのだと思っているようです。概念と実務上の違いですね。
Jack
2014/10/25 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
週の始まりは日曜日それとも月曜日?週番号とはなに? Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる