Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS ビートルズの"ヘイジュード"(Hey Jude)の謎とグループ名"Beatles"の由来

<<   作成日時 : 2010/05/31 19:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 6

The Beatlesの歌に"Hey Jude"があります。この歌は曲もいいけど、歌詞は見れば見るほど色々な解釈が出来て面白く謎が多いと言われている。

一般的にはポール・マッカートニーがジョン・レノンの息子のジュリアンへの慰めと励ましの曲との見方が多い。このころレノンは妻のシンシアと離婚して、オノ・ヨーコと結婚しようとしていました。ポールはジュリアンを大変可愛がっていて、慰めに行く途中の車の中でこの曲を思いついたらしい。

またJulianなので最初"Hey Jule"としていたが、あるとき"Hey Jude"の方が響きがいいのでこれにしてしまった。歌詞中にJudeと共に多く出るのが"her"であり、Herってだれっと思う。これはオノ・ヨーコだとする意見がが多いが、シンシアのことだとする意見もある。またドイツ語でJudeはユダヤ人を示すので、ひそかにユダヤ人をたたえた歌、はては英国ではJudeは俗語でヘロインのことであり、当時ジョンはヘロインにハマっていたので、ジョンのことを言っているのでは?などなど解釈次第では曲の受け取りかたがずいぶん違ってくる。日本語への翻訳でも訳者により違っていて、微妙なニュアンスがうまく出ているいい訳詩があんまりない。これは私見ですけどね。

さらに歌詞の中でこれまた良く出てくる"it"は"love"で愛とか幸ではないか。Beatlesの歌ってよく"it"が出てくるね。こうした歌の歌詞を理解するには、Beatlesとその背景にある個人的、社会的な事情も理解していないとわからないと思う。

ところでグループ名のThe BeatlesはカブトムシのBeetleと勘違いしている人が結構居るけど、BeaとBeeと違っています。これはジョン・レノンが当時」敬愛していたグループ"Crickets"が昆虫の"こおろぎとスポーツの"クリケッツ"の2つの意味を含んでいることから、カブトムシ"Beetles"だけではインパクトがないので、Beatがきく歌から1文字変えて、"Beatles"にした新造語です。

歌詞の中で一番好きなところは"And don't you know that its just you, hey jude, you'll do, "です。ものごとは心の持ち方、自分の動き方次第だよ!と言っている。まさにそうです。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時

15年近くにわかファン(当時の世代ではないので、にわかと称してます^^;)をやってますが、この曲が知っている全ての曲の中で一番好きな曲です。
落ち込んでる時や、疲れているときに自然と口ずさんでしまうほど、自分に染み込んでいる曲ですね。
ものごとは心の持ち方、自分の動き方次第だよ!と言っている。
この詩自体を表してるのかもしれませんね。
123
2011/12/28 14:36
123さん
にわかファンでもなんでも、「この曲が好き}は同感できます。この歌には人々に勇気を与えるところがあります。とくに下記のフレーズは好きで、こんなことができれば落ち込むことがないかなとも思えます。

Don't carry the world upon your shoulders.「全部をショイコムのは、ヤバイぞ」って

So let it out and let it in, hey jude, begin, すべてをぶちまけて、受け入れな ジュード

なんでも背負い込んでしまい、くよくよしているようなときでも、それを誰かにぶちまけて、かつ嫌なこともなんとか受け入れることができたら、素晴らしいことだと思います。これからもこの歌を味わってください。
Jack
2011/12/28 18:45
はじめまして。いい訳ですね。ポールの嫁や周りのスタッフにもユダヤ人が多い事から、Jude=ユダヤ人説に賛成です。herはイスラエルなんでしょうか。"Get Back"もユダヤ人に元居た場所に帰るんだと言ってるような気がします。Jo Jo はJew Jewに聞こえなくもないし。ところが"Let it be"は聖母マリアが受胎告知を受けた時の「神のなされるように」というセリフです。お母さんのMaryとかけたのか、ポールはメシアニックジュー側なのか?そうすると"Hey Jude"のherは聖母マリアなのかなぁ。
ケレ
2012/03/17 20:13
ケレさん
ユダヤ説もっともです。この歌をいろいろな見方から見ると面白いですね。これを聴く人、また歌う人が、それぞれの解釈で受け止め、楽しめばいいのではと思います。Let it beと関連してherの聖母の話も面白いですね。
Jack
2012/03/18 17:12
refrainを「繰り返し」ととるのは間違いでは?
refrain?
2013/02/12 11:00
この歌はいろいろな解釈があり、英文の本当のところはわかりづらい。これも一つの日本語での解釈です。
Jack
2013/02/12 16:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
ビートルズの"ヘイジュード"(Hey Jude)の謎とグループ名"Beatles"の由来 Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる