大雨の伊豆・天城7滝と稲取温泉

先日伊豆の稲取に1泊して天城の七滝をめぐった。しかし当日はそれほどの悪い天気予報でもなかったのに、現地では大雨。おかげでいつもの滝はものすごい迫力の滝に変貌した。雨と滝のしぶきにぬれながら、七つの滝を見物。
やっとの思いで最下流の大滝近くで昼食の”わさびとろろそば”を食べホットする。

やはり観光客はこの時期と天候であまりいない。しかし安い旅行なので宿泊の稲取観光ホテルはあまり期待していなかったが、予想外に大きくきれいだった。また台湾の北投石を利用した岩盤浴と言うものに初めて入った。岩盤浴は街中でもあるが、石が問題だ。

ここのは国から天然記念物に指定されたもの。今では台湾より輸出禁止のラジウム、ウランなど含む特殊な石。これを熱くしてうつぶせ、仰向けに交互に1時間寝ている。女の人が多いので気が引けたが、ホテル宿泊客にセットなので入った(通常は4200円)。なんか毎日微熱があり、背中がぞくぞくして、かつ足腰に”はり”がやけに多いので、じっくりと温まった。汗がたらたら出てタオルで拭き拭きたったが、出た後は入浴してはだめとのこと。そうしたら1時間後に肌がツルツルになってきた。気持ちよくなってそのまま寝てしまった。

翌日の帰りにまた大変なことになった。大雨のため伊豆急が午後から全面的にストップした。乗ろうと思っていた踊り子号はキャンセルになり、いつ電車が動くか判らないと駅員に言われた、近くの喫茶店で時間をつぶしていたら、とりあえず出る各駅電車があるとの情報でさっそく乗って、やっとの思いで熱海まで来た。

後日駅で事故証明を押してもらった特急券を持って旅行社に行ったら、按分して帰りの特急料金が帰ったきたのでホットした。なんとも変な旅行であったが旅に変化はつきもの。多少予想外のことがあるくらいがよい。

踊り子の像がある滝
画像


すごい雨の中のごうごうたる滝
画像



稲取観光ホテルの岩盤浴の詳細です。
http://www.inakan.com/ganban.html

"大雨の伊豆・天城7滝と稲取温泉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント