HalloweenのJack-O'-lanternって?

英会話の先生が、Halloweenのカボチャの顔のJack-O'-lanternの話の絵本その他を持ってきて、内容とその中の英単語や文をゲーム的な方法で覚えた
丁度10月31日はHalloweenの日。先週私がJack-O'-lanternについて話した内容と絵本はほぼ同じだった

ではなぜJackでカボチャの怖い顔を作ったり、子供たちが、悪魔などの変装をして近所を回るのかな?
昔アイルランドのケルト人にJackと呼ばれたとてもずるがしこく、なまけものの男がいたそうな。Jackは悪魔でさえだました。Jackが年取って死んで、地獄(Hell)と天国(Heaven)の入り口に行っても、悪魔と神様両方にそれぞれに入るのを断られた。どこにも行けない暗いところをさまようことになって、地獄の悪魔が地獄の火を一つくれた。それランタン(Lantern)にして持って闇夜をさまよった。これが時々現世の人に見えることがあり、鬼火のようなものだ。

ケルト人にとって11月1日は新年の始まりで、前の晩には死んだ人達が元の世界に帰ってくると信じていた。日本のお盆に似ている。夜通し火を燃やして、
さらにカブ(Rutabaga-日本のカブと違う。日本のカブはWhite turnip)をくりぬいてなるべく怖い顔を作り吊るしたりして、死んだ人と一緒にJackのようないやな霊(Evil spirit)や悪魔(satan,Devil)などが来ないようにした。
夜通しのかがり火には牛の骨を投げて燃やした。これからみんなが火をもらい、自分の家の新年の火とした。この骨の火が"Bone Fire"の言葉のゆえんらしい。

Jackの提灯のことのためJack-O'-lanternと呼ばれる。またこれがしだいに変化して、キリスト教にも取りいれられて、子供が悪魔などの変装(Halloween Costume)をして近所を"Trick or treat"「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」と言って回り、相手は"Happy Halloween"と言ってカボチャで作ったお菓子などをくれるようになった(英語的にはTreat or trickのほうが正しいような気がするが
。。。?)。

アイルランド人がアメリカへ移住して、新大陸の特産品のカボチャをくり貫いて怖い顔を作るようになった。カボチャはアメリカにはとうもろこしなどとともに古くからあったそうだ。
11月1日は万聖節で、Hallow(聖人)+eve(een 晩)でHalloweenと呼ばれるようになった。もともとケルト人の習慣であり、キリスト教は取り込んだだけなので、私はクリスチャンではないので、Halloweenはしないと思うのはすこしずれている。同様な話はイギリス南部にもあるそうだが、こっちはすたれてきてしまったようだ。

今年はすこしはHalloweenを楽しもうかな
 

カボチャで作ったJack-O'-lantern
画像


子供たちがTrick or treatと言って近所を回る。
画像


アイルランドのカブ(Rutabagaルタバガ)(写真左下がそれ)
画像


Rutabaga(かぶ)で作ったJack-O'-lantern
画像


アメリカ、サンフランシスコ郊外で見たハロウウィーン用に準備しているカボチャ
画像

"HalloweenのJack-O'-lanternって?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント