マニフェストはイタリア語で最後に"O"が付く!!

最近政党の話題ではよく「マニフェスト」と呼ばれる言葉が出てくる。選挙公約や政策を意味して、何をいつまでにどうやるかより具体的に示している。

ところで民主党や新聞紙上では"Manifesto"と最後に"O"が付いている。
てっきり"Manifest"と思っていた。

これはマルクス・エンゲルスの共産党宣言がManifestと表現されたが、その後イタリア共産党の共産党宣言はイタリア語で"Manifesto"と表記され、これがどうしたことか世界的に一般化したようだ。イギリス政党がこの政策公約をマニフェストの形でやりだし、日本でも2003年の選挙から同様なことを始めた。

もともとマニフェストはラテン語のMani(手)+fendere(打つ)で”手で打つ”、から
”手で感じられるほど明確な”になり、英語のManifest=明白な、積荷目録の意味になった。
"Manifesto"は辞書で引いても、宣言、声明、公約などと出ている。

ためしに民主党のホームページで確かめたら確かに"Manifesto"で出ていた。

民主党のManifesto

http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック