軌道エレベータ(Space Elevator)はBeanstalk(豆の木)と呼ばれる。

このブログのタイトルのJackと英語の木「ジャックと豆の木」のようにぐんぐん伸びる、それで努力すればきっといいことがある?を象徴しています。

ところで、最近の記事で時々、軌道エレベータなるものを見かけます。各国が研究しているようで、日本でも専門の機関(日本宇宙エレバータ協会)が最近できました。ロケットなしで宇宙に浮かぶSpace Stationまでエレベータのようなもので昇降できるもので、アイデアはアーサー・C・クラークのSF小説、漫画ガンダムの軌道エレベータ、どらえもんの秘密兵器の豆の木にすでにある。2030年ころ実用化を目指しているようで、作る素材もナノテクなどで開発されて実現可能になってきたようだ。

昔の話でもバベルの塔、ヤコブのやし(旧約聖書)などはるか空高く上る夢とアイデアはあった。

軌道エレベータはジャックと豆の木をもじって、Beanstalk(豆の木)とも呼ばれます。なんだか、このブログタイトル的で、このブログも「Jackと英語Elevator」でもいいかなと思えてくる。

ところで植物でも観葉植物で「ジャックと豆の木」がありますよ。このほうがある意味では皆知っているみたいです。喫茶店の名前、絵本の会社にもありますね。

Bean関連の英語:
Bean Eater アメリカ、ボストンの住人(Bostonian) 野球のレッドソックスも、           前はBean Eaterだったらしい。

L. L. Bean ボストン近くの有名なアウトドア系の会社。Beanはどうしてボストン           か、だれか知っていますか?

Cool Beans いかす。最高なやつ。Beansは”やつ”。

Beansprout もやし

Beans スペイン系アメリカ人ではBeanはドルを意味することがあるそ           うだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年08月26日 21:42
「軌道エレベータ(Space Elevator)はBeanstalk(豆の木)と呼ばれる。」について
こんばんは。面白いブログですね~♪
ジャックと豆の木の話は、イングランドの古い話だそうですが、ジャックが豆の木を登り雲の上の巨人の家にたどり着き、隠れていると、「巨人の妻は夫はogre(オーガ)なので早く逃げるように言うが、ちょうど巨人が帰ってきてしまう。巨人の妻はジャックを隠すが、巨人はEnglish man(イングランド人)の匂いがすると言う。巨人が寝た後、ジャックは金の卵を産む鶏を奪って家に戻る。その後、ジャックはまた豆の木を登り金と銀の入った袋」を持ち帰る、とありますが(一部WIKIから引用)
ogreとは北欧などでの怖い人食い鬼と関連があるそうです。よく出てくるのが、トロール。これは「隣のトトロ」の語源になったといわれてますが、やはり、童話の世界一巡してるみたいでおもしろいですね。
また寄らせていただきます~。興味深い話ありがとうございました

この記事へのトラックバック