Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS この言葉どうしてこう言うのかな?ー続編:メールの@はなぜアドレスの表示?/マカロニは法王の発した言葉

<<   作成日時 : 2013/05/11 16:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

前回、同様なテーマで書きましたが、まだ話がありますので、これは続編です。今回も普段何気なく使っている言葉が、どうしてこんな言い方をするのだろうについて主に外国語に絡むものです。

★電子メールの@はどうしてメールアドレスに使われるようになったか?

このところパソコン、スマホなどの電子メールの利用状況は目を見張るものがあります。そのメールに必ず途中にあるのが@マーク(アット・マーク)。このマークどうしてメールに使われだしたのだろうと思いました。

電子メールの仕組み

画像


この@マークは1971年、電子メールの創始者であるレイ・トムリンソン/Ray Tomlinsonがメールアドレスのユーザー名とホスト名の間の記号として使ったことから、世界中で使われるようになりました。メール・アドレスがだらだらと続けて書かれていたら、名前と所属の境界がはっきりしません。また名前と紛らわしいので、記号としてアルファベットを使うわけにはいきません。名前と所属の区切りはどこなのか彼は考えました。そして@マークが一番良いと選定したのです。この記号はタイプライターにすでに使われていました。

@マークを使ったわけを簡潔に言うと下記のようになります。。

・この@は名前に使われることがほぼなく、アルファベットでもない。

(アット)は場所や位置を示す前置詞のatと同音で、ユーザーの所属ホストを表示できる。

この@は単価を表す記号でもありました。日本での正式名称は単価記号(たんかきごう)であり、その形状から指紋とも呼ばれています。

ところで日本では@アット・マークと呼んでいますが和製英語で、英語圏ではat sign/ at/ at symbolとなります。

メールアドレスには名前とドメインの区切りに@がある。

画像


★リレーは昔のフランスでの狩猟の交代用の控え犬だった。

陸上競技で選手が次々と変わり規定の距離で速さを競うリレー競技があります。この「リレー(relay)」という言葉、実は古代フランス語の狩猟用語なのです。

狩猟では獲物を追いこむのに、猟犬を使って追い込みます。一匹の犬だけ追い込みばかりしていても次第に犬は疲れてきます。そこで交代の控え犬が必要になりました。その控えの猟犬のことを「リレース(relais)」と呼んでいました。こうして交代して競技を続けるようなものを「リレー」と呼ぶようになりました。

陸上競技だけでなく水泳のリレーもありますね。平泳ぎ、背泳、バタフライ、自由形で等距離を泳ぐリレー形式をメドレーリレー(medley relay)といいます。

陸上ではスウェーデン・リレーと呼ばれるのがあります。1910年代に、スウェーデンで人気のあった、100m、200m、300m、400mの合計1000mをリレーで走る「1000mメドレーリレー」のことを、発祥の地から「スウェーデンリレー」と呼ぶようになりました。オリンピックでは1908年(第4回ロンドン大会)にて、「1600mメドレーリレー(200、200、400、800m)」が実施されています。日本ではスウェーデン・リレーですが、英語圏、北欧諸国では、Swedish relayと表記しています。

運動会ではよくリレーが行われています。

画像


ところでリレーには次の競技者に渡すバトンがありますね。あのリレーバトンは誰が考案したのでしょうか? リレーというものは、その昔、手紙を手渡しで運んだ伝令からヒントを得て始められました。はじめの頃は、リレーでは、走者が交代するときは、次の走者の手をタッチするだけだったのです。しかし、きちんとタッチできているのかどうか明確でないので、1912年のストックホルム・オリンピックの際に、スウェーデン・オリンピック委員会が、木の棒を手渡すように改良し、その後もリレーにおいて、この方式が続いているのです。

★イタリアンのマカロニは法王の発した言葉だった。

グラタンに入っている真ん中に穴が空いたパスタがマカロニです(英語:macaroni/イタリア語:マッケローニ/Maccheroni)。このマカロニはイタリアが源ではなく、実は中国のものでした。マカロニの原型のような食べ物がマルコポールが中国に行った頃あり、1295年にイタリアに帰国した。マルコポーロはその時の法王ポニファキウス8世に、中国で知ったマカロニを献上し、それを食べた法王が思わず叫んだ言葉が、「マ・カロニ」(Ma Caroni)であり、これは「おお!すばらしい」を意味する言葉でした。それ以来、この麺をマカロニと言うようになりました。

ただマルコポーロが持ち帰ったのが始まりとするには異説があります。すなわち、1279年ジェノヴァの公証人による財産目録のなかに、「マカロニ一杯の箱」という記述がります。これはジェノヴァの商人が、生産地であるシチリアからパスタを輸入していたことに由来します。

これにより、マルコポーロ導入説はおかしなことになるのです。すなわち彼の中国からの帰国は1295年で、この目録より10年以上後の出来事で、マルコポーロ帰国より前にマカロニがあったことになります。マルコポーロに関係なく、どうもそれ以前の時代から、シルクロードを通じて、パスタ的なものが、ヨーロッパに順々に伝わったのではないかと最近では言われています。

マカロニ

画像


あつあつのマカロニグラタン

画像


話は飛びますが、もう数十年前に、イタリアで作られた西部劇を日本ではマカロニ・ウェスタンと呼んでいましたね。ヨーロッパではスパゲッティ・ウェスタンと呼んでいた。しかし映画評論家の淀川長治氏が「スパゲッティでは細くて貧弱そうだ」として、日本では「マカロニ・ウェスタン」と呼ぶほうがいいとのことで、マカロニ・ウェスタンの言葉が定着しました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

言葉についての由来や裏話はきりがありません。マカロニがまさか法王が発した言葉とは。もっときちんとした話もあるようですが、はっきりしない、真面目すぎて面白くないので割愛しました。こうした話は徹底的に書き出すと長文になり、どこまで書き出すかいつも迷います。@マークも、どうして丸で囲んだのかなど言い出したらきりがありません。ここでは皆が面白く読んでいただける範囲で書いてみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
@マーク何気なく使っていましたが、確かに名前と所属の境界の役割をしていて便利ですが、なぜ使用されたか考える人は少ないでしょうね?電子メールの創始者が考案しただけあってスマートな記号ですね。リレーが狩猟用語に由来する話も面白いですが,マカロニウエスタンの由来が印象的です、最初はスパゲッティウエスタンとか、淀川長冶さんに感謝ですね。映画を愛する方の発想は楽しいです、この話と共に彼の名は永遠に残りますね。
Anne
2013/05/16 13:49
Anneさん
@マークはメールが盛んになる前に、私はタイプライターで単価記号として良く使っていました。ところが次第にこのマークはメルアド使用が主力となり、逆に単価記号では使うのが変な感じななってきたのを覚えています。

西部劇で確かにマカロニウエスタンと言っていましたが、当時のある時、外国ではスパゲッティ・ウエスタンと言っているようだと知ってえー!と思った経験があります。前回のWCもそうですが、日本で知らないで使っている言葉が、実は外国ではもう通用しなくなっていることが多々あります。
外国に旅行に行く際には、このような言葉は気をつけたいものです。
Jack
Jack
2013/05/25 18:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
この言葉どうしてこう言うのかな?ー続編:メールの@はなぜアドレスの表示?/マカロニは法王の発した言葉 Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる