Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS 桃源郷、シャングリラ、ユートピアー理想郷あれこれ

<<   作成日時 : 2013/04/18 19:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

桃の花が咲き乱れる季節になりました。場所によっては、桃の花が里一杯に咲き誇り、春の野山はまさに桃源郷のようになります。私はこのような風景を過去に何回か目にして、本当の桃源郷はどこにあるのだろうと、ずっと前から思っていました。

今回はどの人も心の中で密かに探している桃源郷など理想郷のことについて考えてみました。


★桃源郷はどこにあるのだろう。

中国のの時代、詩人の「陶淵明」という人が「桃花源記」を書いています。それが桃源郷と言われるものです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

中国の武陵の近くに一人の漁師が住んでいました。漁師は魚を追って険しい渓谷の川をさかのぼって行くうちに方向を見失い、自分がどこにいるのか分からなくなってしまいました。気がつくと、あたりは一面の桃の林でした。陽光で桃の花は輝き、まわりの林は芳しい香りにつつまれ、その美しいことはたとえようもなほどでした。漁師がさらにそこを進んで行くと、川の水源の山に至ったのです。そこには小さな穴が開いていました。漁師は船を置いて、惹かれるままにこの穴に入って行きました。穴は始めは極めて狭く、やっと通れるくらいでした。やがて、急に目の前の景色が開けて、美しい田園の広がる村に出ました。池や川はきれいな水をたたえ、竹や松が繁茂するのどかな平和な村でした。村人達は外界と変わらない普通の服を着ており、仲良く暮らしていて、親切でした。人々は漁師を温かく迎えてくれたので、夢のような日々を過ごしました。

この村の人たちの話では、「秦の時代に乱を逃れて、一族郎党を率いてこの地にやってきました。それ以来ここから外へ出たことがなく、外の世界とは断絶して暮らしてきました。今がどんな時代か知りません」という。その後、漢の時代があったことも知らなければ、魏や晉のことも何も知りません。漁師がその後のことを聞かせてやると、みな一様に驚くばかりでした。

とうとう漁師は家に帰ろうと思うようになったのですが、村人たちは、漁師に向かって、この土地のことは外の世界の人々に語らないほうがよいと忠告し、漁師を送り出したのでした。漁師は外の世界に舞い戻り、船にたどり着くと、先に来た道に沿って、ところどころ「しるし」をつけました。なんとか再び来れることを期待してしるしを付けたのでした。

自分の村に帰った漁師は、あの美しい平和な村が忘れられませんでした。そこで友だちと酒を飲みながら、ついあの村のことをしゃべってしまったのです。するとその友だちが次々としゃべってしまいました。こうして桃源郷のうわさは、役人にまで知られてしまいました。役人は「お前は桃源郷という所に行ったそうだな。私達もそこに案内しろ!」と要求しました。そこの太守は搜索のチームを遣わして、漁師のしるしなど手掛かりに桃源郷を探したのですが、しるしをつけたところは、どうしたこか全然見つからず、結局、桃源郷へのその道を探し出すことは誰もできなかったのです。その後いつしか、人々は漁師が見た美しい里を「桃源郷」と言うようになりました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

陶淵明は、武陵(現在の湖南省)の山奥に、世から隔絶された豊かな村があると桃花源記書いています。この事から中国では理想郷を桃源郷と呼ぶようになり、陶淵明の住んでいたところの近くでもある武陵に在ったとされたので、武陵桃源とも呼びます。桃源と呼ぶのは序文で山奥の川の上流まで遡った漁師が桃の花が広がる両岸を目にし、更に遡って川の水源でこの村を発見したのに由来しています。桃源郷と呼ばれる場所は現在中国では7箇所あると言われます。

中国、湖南省常徳市の郊外にある桃源県の桃花源という村が、桃源郷のモデルとも言われる。

画像


湖南省の桃花源の地図

画像


山梨県の桃源郷

画像


誰しもが、心の中のどこかに、こんな桃源郷のようなところがないかなと思っているのではないでしょうか。せわしなく、あくせく努力しながら生きるということが、うっとうしくなることあります。そんな時、世俗の喧噪を離れて、そんな「桃花源記」で書かれているところのような、理想郷を求めてそこに行きたくなります。それが旅であったり、気晴らし的なことをすることであったりして、人々はなんとか生きているのではないでしょうか。

なお英語では桃源郷fairyland/ lotus land / Xanadu/paradiseです。

★シャングリラはチベットの谷間にある?

シャングリ・ラ(Shangri-La)とはイギリスの作家ジェームス・ヒルトンが1933年に発表した小説「LOST HORIZON」(失われた地平線)で描かれた想像上の場所の名前に由来しています。ヒルトンは「チップス先生さようなら」でも有名です。今では「シャングリ・ラ(Shangri-La)」という言葉は、理想郷、ユートピア、桃源郷、楽園などの代名詞として知られた言葉になっています。「シャングリ・ラ」の意味は「桃源郷」のサンスクリット語読みであり、「ラ」とは山間の「峠」を意味しているそうです。また「シャングリ・ラ」という言葉は、チベット仏教の経典に見えるシャンバラ王国がその元ではないかとも言われます。この小説は1937年、アメリカで同名で映画化もされて、第10回アカデミー賞で2部門受賞、さらにその後1973年にも映画化されました。また有名なホテルチェーンの名前にもなっています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

1931年5月、第1次大戦後のインド北部バスクルというところで革命が起こり、軍の飛行機で民間人を避難させることになった。ところがその飛行機は何者かに乗っ取られて、そのまま消息を絶ってしまいました。その飛行機には、英国領事コンウェイとアメリカ人のバーナード、マリンソン大尉、東方伝道会のミス・ブリンクロウの4人が乗っていました。チベットの山奥に飛行機は到着しますが、かなり無茶な着陸だったせいか、操縦士は死んでしまいました。途方に暮れた4人の元へ、東洋人の集団がやって来ます。そして青い月が輝き、ラマ教寺院が聳えるチベットの秘境シャングリ・ラへと行くことになりました。

チベットの山の奥地の地図にもない幻の国でした。西洋の宗教と東洋の宗教が混じり合い、人々は私利私欲もなく穏やかに暮らしていました。「シャングリ・ラ」の人々は穏やかで、そこは豊かでした。下界が絶え間ない争いに明け暮れる中、このシャングリ・ラでは知的で、文化遺産を収集したりもしていました。地球が滅びそうになっても、「シャングリ・ラ」だけは永遠に残るようにしているようでした。
 

時がたつと、次第にここから脱出しようとするマリンソン大尉と、「シャングリ・ラ」の魅力に惹かれて迷うコンウェイたちとがいました。果たして本当に「シャングリ・ラ」は理想郷と言えるのか、大ラマ僧の言っていることは本当なのか戸惑うようになったのです。

この物語にはプロロローグとエピローグがあり、最後は、どうにかしてそこから脱出したコンウェイの話を友人が聞き彼の語った話を確かめるべくいろいろ調査する話になっています。1931年秋、友人が中国の病院に担ぎ込まれていた記憶喪失のコンウェイを見つけ、中国から引き揚げ、サンフランシスコに向けて出帆する日本の船に乗り込ませます。しかし、コンウェイはこの世に存在していないはずの、未発表のショパンの曲をピアノで弾いて、周りをびっくりさせます。実はこれはシャングリ・ラに関係のあることでした。そして記憶が戻ると、彼はまたアメリカに行く前に行方不明になってしまいます。友人は行方不明になる少し前に、コンウェイから飛行機はどこに行ったのか、そこでどんなことがあったのかの不思議な話を聞き、それを書きとめていました。そして友人が調査に乗り出そうとします。

映画「失われた地平線」 (Lost Horizon)1937年

画像


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ところで、中国の雲南省の奥地に地図上でシャングリラ県(香格里拉)という地名があります。ここは2002年5月にもともと中甸(チョンディエン)呼ばれていたところでしたが、桃源郷のようなところでしたので、改名しました。そこは、標高3400mの高地にある盆地のような美しいところです。チベット族を中心に各種少数民族が仲良く暮らしています。少し前にテレビでここの特集をやっていましたが、確かに数千メートルの山々に囲まれ、高山植物が咲き乱れる豊かな土地で、平和そうな村が点在している、まさに桃源郷のようなところで、中国でも次第に人気が高まっているところです。

中国、シャングリラ県(香格里拉)の場所

画像


中国、シャングリラの風景

画像


中国のシャングリラについて
http://www5b.biglobe.ne.jp/~tanzawa/syangurira/syangurira.html

★ユートピアは桃源郷と違います。

ユートピア(utopia)は、イギリスの思想家トマス・モア Thomas More (1478-1535) が、1516年にラテン語で出版した著作「ユートピア」に出てくる架空の国家の名前です。ギリシア語の「どこにも無い場所」を意味した地名と言われます。モアは、それはこの世には存在しない架空の土地であり、この中で、この世の矛盾と住みがたさを説き、そのことによってこの世の批判をなそうとしたと言われます。

ユートピアは、500マイル×200マイルの大きな三日月型の島にあります。かっては大陸とつながっていたが、建国者ユートパス1世によって大陸から切り離され、孤島となりました。島の中には川が多く、島を周回していて、その中にさらに島があります。この海と川で二重に外界から守られた島がユートピア本土です。ユートピアには54の都市があり、各都市は1日で行けれる距離に作られています。各都市は6千戸で構成され、計画的に町と田舎の住民の入れ替えが行われています。そして首都はアーモロートです。ユートピアには、貨幣がありませんでした。原始的な共産制をとっています。信仰の自由は保障されていますが、ユートピア人は、「万物の父」を信じる一神教徒の民です。ユートピアは、実は奴隷制をしいています。しかし奴隷は、悔い改めれば、自由人になれます。そして人々は、私利私欲よりも、共和国の繁栄を優先する考えでした。

この書物は、ギリシャのプラトンが夢見た理想国家を元としています。そしてモアは、その理想国家を「ユートピア」とし、「どこにもない土地」と名付けました。プラトンの思い描いた原始共産制や、能力に応じた労働などの理想思想を実現すると、こんな国(ユートピア)になるだろうということを描いています。

この本の体裁は、ユートピアから戻ってきた男と、イギリス人が会話を進めるという形をとっています。

まず「第1巻」の中で、トマス・モアは、ある男に会います。男はユートピア島を訪れた話をしてくれました。そこでは、ユートピア人たちが、楽園のような共和国を作り上げていました。「第2巻」では、トマス・モアが、男から聞いた話を整理する形式になっています。ユートピアの国について、具体的に法律、戦争、信仰、結婚などの制度が語られています。

最後の章では、「手紙」の形をとっています。トマス・モアがある友人に送った私信という形式で述べています。そこでは、自分は男から聞いた話を「第1巻」と「第2巻」にまとめたが、そこには、記憶違いもあるだろうし、また、トマス・モア自身も納得ができない個所があるというようなことが書かれています。トマス・モアは、手紙を受け取る友人に、ユートピアを語った男に連絡を取って、真意を確かめて欲しいと依頼しています。「手紙」の中で、モアはわざわざ、本編の記述には、モア自身が納得できない個所があることを付け加えています。「手紙」には、「ユートピア」に物語性を与えることや、現実社会の批判をやわらげる意図があったことが解説に書かれています。

ユートピアは島の中にある。

画像


ユートピア」には理想の社会が書かれています。しかしそれは結果として、現実社会の批判となっていたのです。「ユートピア」の中には、イギリス王と思われる人物をかなり批判している個所もあります。また、信仰の自由は保障しながらも、「異教徒」の存在価値は否定しています。当時のイギリス国王ヘンリー8世の離婚問題が契機となり、国王とローマ教皇が対立するようになりました。カソリックの熱心な信者であったモアは、信仰よりも英国王への忠誠を選ぶように迫られたのです。しかしそれを承服しなかったモアは、その後ロンドン塔に幽閉され、ギロチンで1535年の夏に処刑されたのでした。

モアのこの小説のスタイルは、未知なる国へのアプローチの方法において、「ガリバー旅行記」に似ているところがあります。その未知の国のいいところが見えるともに、現世や自分の国のダメなところが浮き彫りになるという仕方です。「ガリバー旅行記」では面白おかしな描写で描くことによって、当時の社会や国を風刺していたのです。

しかし「ユートピア」は「ガリバー旅行記」ほど、未知の国について、具体的ではなく、話が抽象的です。『ガリバー旅行記』のガリバーは、そこの人々と会い、さまざ経験をし、読者に興味と感動を与えます。「ユートピア」で語られるのは、「ユートピアとはとか、そこの人は」のような話であり、本として物語性に欠けるところがあります。しかしそれだからといて面白くないということではありません。

「ガリバー旅行記」のガリバーは未知の国でいろいろな経験をします。小人の国では縛られてしまいます

画像


では陶淵明の「桃源郷」はどうなんでしょう。桃源郷は、この世とは別の世界ではなく、この世に対して入り口を開いています。そこに住む住民は普通の人達ですが、美しい土地で、この世の束縛から解放された自由な生活を楽しんでいます。この世とはそれほど違わないけれど、どこかで現世と断絶している両義的な意味を持つ土地と人々です。モアのように桃源郷は架空の土地としては描かれていません。しかし、陶淵明もまた、戦乱の世に対して暗に批判しているのではないかと思われます。

日本の浦島たろう伝説は桃源郷に似ているところがありますが、海の中の竜宮城は別世界的であり、ちょっとニュアンスが違いますね。

★土星の衛星タイタンにの中に桃源郷があり、火星にはユートピアがあった?

理想郷の名前は地球の独占ではありません。宇宙を見るとなんと桃源郷、ユートピアが有りました。

木星のさらに外側の星が土星(Saturn)です。土星は美しい輪(リング)を持っていて、私も天体望遠鏡で何回かリングを見たことがあります。その土星の衛星で生命が存在しているかもしれないと言われるのがタイタン(Titan)です。半径は5150キロメートルで、木星の衛星のガニメデに次ぐ太陽系2番目の大きさの星です。この衛星は惑星である冥王星、水星よりも大きいのです。科学者の注目が集まっているのは、単に大きいからではなく、太陽系にある衛星の中で唯一、濃い大気を持っているからです。大気の濃さは地球の1.5倍にもなります。

このタイタンにとても興味深い場所が見つかりました。1994年、ハッブル宇宙望遠鏡が、大気とかすみを見通す赤外線の目によって、タイタンの地表に異常に明るい領域を発見し、桃源郷を意味する「ザナドゥー」(Xanadu)という名前がNASAによりつけられました。さらに10年後2004年に、今度は宇宙探査機カッシーニが直接土星とタイタンに接近し、子機のホイヘンスが着陸するなどして、タイタンの詳しい情報が次々と送られてきました。そして2006年4月30日、探査機カッシーニがレーダーで詳細な地形の撮影に成功し、ついにザナドゥーの本当の姿が分かってきたのです。それによると、タイタンの地表にはほとんどクレーターが無く、レーダーに黒く映る海らしきものが発見された。撮影した画像には液体メタンによるものと思われる海や川、陸地・デルタ状の「河口」が写っていました。音声データにはタイタンの地表を吹き渡る風の音も有りました。

ほとんど生命体がない無機質な宇宙の星では、タイタンのこの場所は桃源郷(ザナドウ)のように思えますね。

タイタンのザナドウ(桃源郷)を流れる川の画像

画像


さて火星にもユートピアがあります。火星のユートピア平原(Utopia Planitia)は、1976年9月3日に、NASAの無人火星探査機のバイキング2号がそこに着陸し、調査を行った広大な盆地で、NASAはユートピア平原と名付けました。ここの地表には、多くの岩石が露出していて、それがバイキング2号によって撮影されました。

火星のユートピア平原(Utopia Planitia):これは冬に撮影されたので、地表に霜が降りているのが見えます。ユートピア平原は火山性の玄武岩が数多く転がっており、赤い土壌が広がっています。

画像


NASAも宇宙のどこかに、理想郷や桃源郷、ユートピアのようなところがないかと探しているので、どうしてもこのような理想郷的な名前が多くなるのでしょうね。

★その他の理想郷にはどんなものがある?

各国には様々な理想郷のたぐいがあります。

●イーハトーブ:

宮沢賢治の物語に出てくる理想郷の名前で、岩手をもじっていると言われます。

●エデンの園:

地上の楽園ともいわれ、旧約聖書の創世記に出てくる理想郷です。
そこではアダムとイブがエデンの園を管理し、様々な果実や「生命の木」「知恵の木」が植わっていて、後に禁断の実を食べてしまいます。

●ザナドゥ(Xanadu):

モンゴル帝国のクビライ・ハンが、モンゴル高原南部に設けた夏の都「上都」が
ザナドゥです。マルコポーロが東方見聞録で紹介し、それを読んだイギリスの詩人サミュエル・テイラー・コールリッジが1816年に紹介して以来、幻想的な都市とされ,理想郷とも言われ,英語の辞書でもXanaduは桃源郷と出てきます。

モンゴルのザナドウ(Xanadu:上都)の跡

画像


●常世の国:

古代の日本では、異世界で海の遥か彼方にあるとされる理想郷で、「古事記」「日本書紀」「万葉集」「風土記」などにも記載されています。この常世の国に渡ったものは若返りや不老不死になるとされてます。

●蓬莱

古代中国の仙人思想で出てくる理想郷で、東方の海上のどこかにあると言われ、不老不死の仙人が住んでいるとされています。

●エルドラド/エル・ドラード:

南アメリカのアンデス地方に伝わる黄金郷です。

●アルカディア(arcadia)

古代ギリシャからの伝承で、アルカディア(理想郷)は、「牧歌的な楽園・理想的田園」の代名詞として使われていて、ユートピア、桃源郷的なところとされています。現在もギリシャのペロポネソス半島にある地域名です。

現在のギリシャ、ペロポネソス半島のアルカディア

画像


★「山のあなたの空遠く、幸い住むと人いう」-理想郷、幸せははどこにあるのだろう。

理想郷探しは、幸福探しとも通じます。私達の心の中には誰もが「楽園のようなところで幸せに暮らせたらいいな」という思いを持っています。私も何となくそんふうに思ってきました。それで以前から、カール・ブッセ「山のあなた・・・」の詩が気になっていました。この詩は教科書にも載っているくらい有名です。この詩が世に広まったのはある意味、落語家の三遊亭歌奴師匠です。落語で「やまのあなあな・・・」と、よくやっていました。あれで私もすっかり覚えました。最近はあまりこの落語はやっていないようですが、惜しいですね。この詩は ドイツ語の原詩を上田敏が下記のように五七調でうまく訳しました。

「山のあなたの空遠く 幸い住むと人のいう。
ああ、われ人ととめゆきて、涙さしぐみかえりきぬ。
山のあなたになお遠く幸い住むとひとの言う。」


この詩の意味は次のようであると言われます。

山の向こう(あなた)のどこかに幸福があると人々はいう。それで人をさそって向こうに行ってみたけれど、幸せを見つけることはできなかった。そして涙ながら空しく帰ってきた。 「あなたが出かけていった幸せの山は近すぎたんですよ。もっと遠くの山ならば幸せがあったのに」と人はいう。

ちょっと切なく、さびしいけれど優しく感じ、何か心に残る詩です。この詩は、明治38年の海外詩人の翻訳詩集である「海潮音」の中にあり、「山のあなた」のほか、ヴェルレーヌの「枯葉」などの訳詩が収録されていました。作者カール・ブッセ(Carl Busse,1872-1918)はドイツ新ロマン派の詩人であり作家でした。明治時代の詩人、翻訳家、文学者であった上田敏はこの「山のあなた」の詩に、魅かれ翻訳したそうです。このカール・ブッセは、1887年(明治30年)に来日して東大で5年間哲学を講義していました。少しずれていますが、上田敏も1897年(明治30年)に東大を卒業していますのでほとんど同じ時期に東京にいたことになりますが、面識はなかったそうです。ブッセはドイツに帰国後、大学教授となり、1892年に有名な「詩集」を刊行しています。

幸せ」はどこまで追求しても、本当に満足する幸せはなかなか見つからないのではないか?それは人の心の持ちかた、受け止め方次第ではないか?と私は思う。案外「幸せ」は身近な足元にあるのではないか。ある時それをふと気づくのかもしれない。または「幸せ」を一生を探して旅しているのが人生かもしれません。

山のあなたを翻訳した上田敏

画像


カール・ブッセに惹かれて、若山 牧水(1885―1928)は次のようなちょっと似た有名な歌を作っています。

「畿山河こえさりゆかばさびしさの 
はてなむ国ぞけふも旅ゆく」


またメーテルリンク「青い鳥」という話がありますが、これも内容は「幸せの青い鳥は、いくら外に求めても探しきれず、それは足元にあった」という話です。

私たちは、今日も知らず知らずに、「幸せ」を求めて暮らしているのかもしれませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
理想郷のいろいろを書いてきましたが、正直言って私たちには桃源郷、シャングリラのようなところはほとんど見つからないのではないか。それと似たような美しい風景の、平和な里があるかもしれませんが、だからといって、すぐにそこに住む訳にもいかない現実の”しがらみ”がたいていの人にはあります。

またそのような場所で、のほほんと生きてゆくことが、果たして私たちにとって、健康的にも、精神的にも本当にいい方にいくのか疑問があります。そんなところがあればいいなと思っているうちが花で、やはり今の生活を楽しく過ごすように努力することが肝心と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Jackさん、桃源郷は美しい自然に囲まれ、花々が咲き乱れるところと言うイメージがありますが、それだけではないですね。宗教間の争いもなく穏やかに、平和に暮らせるところ。なるほど日常のわずらわしさから逃れ住んで見たいとも思いましたが、Jackさんの”おち”で気づきました。そんな刺激のないところで、のほほんと生活するのも、精神的、肉体的にも良くないかもしれません。あこがれつつもも、現実の生活が楽しく過ごせるように努力することが大切ですね。ユートピアと桃源郷は同じかと思っていました、おかげで違いがわかりました。山梨県人として桃源郷の写真うれしいです、桃の花が咲き乱れる美しい景色は本当に素敵ですよ!
Anne
2013/04/18 20:45
Anneさん

山梨県の桃源郷をかって見たことがあり、夢のような景色と思いました。似たようなことでは、信州であんずの里も同様に思いました。今年は山梨の桃源郷を見ようと思っていたら、予想外に早く開花したそうで、見にゆくのはやむなくやめました。

いろいろな理想郷が各国にあり、どの人々もそうしたところに憧れていいるのは共通ですね。やはり青い鳥のように、すぐ近くに幸せはあるのではないかと思います。幸せ見つけるのではなく、人の気持ちの持ちかた次第ですね。

しかし、それにしても、このところの物騒なニュースを聞いていると、桃源郷のようなところへ一時でも行きたくなりますね。
Jack
2013/04/19 15:48
Jackさん

初めまして。

突然のメールで失礼します。

私どもは、山梨でワインを作っている者なのですが、こちらの山梨の桃源郷の写真を加工し、ワインのエチケットとして使わせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

ブログの内容に関係のないご相談で恐縮ですが、ご連絡いただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
asami
2015/09/26 11:58
asamiさん
どうぞ自由に使ってください。
Jack
2015/09/26 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
桃源郷、シャングリラ、ユートピアー理想郷あれこれ Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる