Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界の国旗の面白話:イギリスの国旗は上下で違っている?/フランスの三色旗の色別比率は違う?

<<   作成日時 : 2012/12/17 22:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 213 / トラックバック 0 / コメント 6

世界の国旗はよく見ると面白いことがあります。私たちはそれに気づかず何となく眺めています。しかし国旗はその国の象徴であり、少しでも違って描かれたり、掲揚されたりすると大変なことになります。また国旗の色使いや模様には様々な歴史と由来があり出来きてきました。今回は国旗の中でちょっと面白い話題を取り上げてみます。ここに取り上げた国旗を今度見る機会がありましたら、よく眺めてみてください。

●イギリスの国旗は上下で違っている。

イギリスの国旗はユニオンフラッグであり、ユニオンジャックとも呼ばれます。ジャックと言うのは海事用語で「船の国籍を示す旗」を意味し、正確には「イギリス船籍を示す旗」のことであり、船首に掲げられた国籍を表す旗で、それが次第にイギリス全体の国旗になったのです。

イギリスの国旗ユニオンジャック

画像


さてイギリスの国旗は、上下が違っているのに気づいていますか。イギリス国旗を良く見ると、一見、上下と左右はほとんど対称なようなデザインに見えます。しかし実は違っていて、イギリス国旗を掲揚する際には、注意しないと上下逆さまに掲揚してしまうことがあります。

正しくは、斜めにクロスしているベルトの下半分で、白い部分の幅の広い方が、左側に来るように掲揚するのが良いのです。かって、NHKの「その時歴史が動いた」の番組の中で、「第255回 幻の大艦隊 〜イギリスから見た薩英戦争〜」の回にこの国旗の上下が逆のことがありました。NHKはこれを指摘されても訂正や誤りだったとの放送はしませんでした。イギリスの旗が大写しに映像が少なく、収録をやり直すことも時間的に難しかったため、そのまま放送したという釈明記事が一部の新聞には載りました。

NHK「その時歴史が動いた」の放送の中で、上下逆になって映されたイギリスのユニオンジャック

画像


ユニオンジャックの国旗は美しいですね。あの模様はデザイン的にも良く、見た目にもおもしろい。この国旗のデザインが入っている英連邦の国々の旗が多くあります。

オーストラリアの国旗にはユニオンジャックが入っている。

画像


●フランスの三色旗は色の比率が違っている。

三色旗は、欧州の革命や自由と独立の旗じるしであり、国家と統一の象徴とされています。フランスの他にも、かって英国、オランダ、ロシア、米国がこの三色旗であったことがあります。要するに主要な国々のかなりがこの三色の旗だったのです。

でも一番有名なのはやはりフランスの三色旗ですね。通称トリコロール(Tricolore: 三色の意味)と言われ、青は自由、白は平等、赤は博愛(友愛)を表すと言われますが、実はこれは俗説です。白は王様の色、そして、それをパリの色である青と赤が取り囲んでいるということです。フランス革命中の1789年7月17日、バスチーユ牢獄襲撃の三日後に、国民軍総司令官のラファイエット将軍が革命軍将兵の帽章の色に赤と青を採用したのがフランス三色旗の元になったのです。赤と青は今のパリ市のマークにもある「パリの色」であり、白がブルボン王朝の色だったので、この三色は王室と市民の融和を願い、選ばれたものです。

また花が好きなフランス人は、国旗の色はそれぞれ青=矢車草(矢車菊)、白=マーガレット、赤=ヒナゲシの花でもあるとしています。

このフランスの三色旗色の比率が違っていました。それは、赤と白が色としては膨張色であり、青は後退色なので、同じ割合にしてしまうと大きさが違って見えるからです。したがって膨張色の赤、白の割合を少なくして、青を大きくするようにして均等に見えるようにしました。これは色彩心理学でも言われていることです。それで長年、トリコロールの色比率は、30(青):33(白):37(赤)もしくは、37:33:30の比率となっていたのです。旗は風でなびくので、先っぽの赤が一番なびく部分が多い赤を大きくしたのが30:33:37という比率です。その後、1946年に三色旗の色比率は均一と決められましたが、さらに、その後、便宜的に均一でない三色旗の使用も容認されることになりました。現在では、主に海上用のみ三色旗の色比率が均一でない旗が利用されています。

フランスの三色旗

画像


色の比率が違う三色旗

画像


しかし三色旗の色の順番には変遷がありました。フランス革命直後のころは、赤・白・青の縦三色旗といった旗もあり、現在とは全く反対の順番と方向のものもあったのです。その後、1792年に制定された旗は現在のオランダ国旗と同じ赤・白・青の横三色旗でした。さらに1794年に現在と同じ旗となり、1814年から1830年の王政復古時代を除いて使われていました。1830年の「七月革命」で玉座についたオルレアン公ルイ・フィリップは、また以前の「三色旗」を復活させました。

今とは逆の色の順番の三色旗がかってあった(青と赤が逆)

画像


ドラクロワが代表作「民衆を率いる自由の女神」を画いたのはこのころ(1831年)のことです。ドラクロワは蜂起には参加しなかったが、少なくとも「国家のために絵を描く」ことぐらいすべきだと感じてこの絵を描いたと言われる。絵の中では赤、白、青のフランス国旗が画面を引き立てています。

ドラクロワ「民衆を率いる自由の女神」:三色旗が目立ちます。

画像


脱線ですが、睡蓮で有名なモネの絵にフランスの三色旗が一面に描かれているものがあります。それは「モントルグイユ街、1878年パリ万博の祝祭」(オルセー美術館蔵)です。絵の中の建物の窓に三色旗が一杯はためくこの光景は、パリの3回目の万博の成功を記念して行われた祝祭を描いているそうです。群衆のざわめきと高揚感あふれる情景が私たちにが今でも伝わってくるようです。

モネの「モントルグイユ街、1878年パリ万博の祝祭」:三色旗でいっぱいの街

画像


この三色旗はヨーロッパ各国にも影響を与えました。イタリアの国旗はまさにそうです。ナポレオンのヨーロッパ制圧とともに、その旗は各国を駆けめぐりました。イタリア三色旗(tricolore トリコローレ)ナポレオンの影響でできました。その緑、白、赤の三色は、緑は国土を、白は雪・正義・平和を、赤は愛国者の血・熱血を表すともいわれますが、実際はフランス三色旗の強い影響で出来たものです。

イタリアの国旗:三色旗でフランスの青の替わりに緑

画像


●アメリカの国旗を縦に吊るすように掲揚するときは、他の国とは違う掲揚の仕方をしないといけない。

オリンピックなどで、風がない室内では国旗がたなびかないため、全体が見えないので、縦長に吊り下げるように掲揚する場合があります。アメリカの国旗、星条旗は普通は横型に掲揚するのですが、国旗を縦にして掲揚したいときは注意が必要です。星条旗は縦の場合、特別の掲揚ルールがあります。すなわち、星の部分(小区画でカントンと言います)が左側の上に来るように掲揚します。星条旗を縦にする場合は、まず縦にした後に、それを裏返しにすれば、星の部分が左上になります。

アメリカの星条旗

画像


星条旗を縦に掲揚する際、カントン(星の部分)が常に左上にくるよう「時計回りに90度まわしてから裏返す」のが正式な掲げ方です。

画像


縦に掲揚でも右に星が見えている(非公式な場合)

画像


他の国でも、オーストラリアやニュージーランドのような左上にイギリス国旗が入っている国旗も縦にする場合は、裏返してイギリス国旗部分を左側の上にするのがルールです。

国旗の形容の仕方はとても大切な行為で、誤った掲揚は国際儀礼上の非礼とされるため、儀典の担当者はとても神経を使います。しかしアメリカ国旗の誤掲揚はよくあり、最も頻繁におこる失態のひとつとなっています。

国旗の掲揚の仕方についての説明があります。

http://www.kishodo.co.jp/flag/protocol/protocol.htm

●日本の日の丸国旗のデザインをヨーロッパ各国が買い取ろうとしたことがある。

日本の国旗のデザインは簡潔で、洗練され、どこからもわかりやすく見え、日の本の国の感じがわかってとても良いと思います。日の丸のデザインは海外でも人気があり、「世界の国旗のデザインランキング」で3位となっています。

日の丸の旗

画像


この日の丸のデザインをなんと、ヨーロッパ各国が買い取ろうとしたことがありました。明治時代、「日の丸」のデザインの良さにフランスが目をつけました。明治3年、フランス政府から正式に、「日の丸を五百万円(現在の二百億円相当)で売って欲しい」と申し出がありました。当時の日本の国家予算は年額2千万円くらいだった時代でした。これは日本の国家予算の4分の1という大金で、日の丸のデザインを買いたいとの申し出だったのです。しかし当時フランスは大変な時期でした。その時は第二帝政期のフランスとプロイセン王国(後のドイツ帝国)の間で行われた普仏戦争の最中であり、その後プロイセンの勝利に終わった戦争でした。このたいへんな時期に、フランスから、公式に大金をかけてまで日の丸の買取要請があったわけです。フランスはそれほどまでに日の丸に惚れ込んでいたのですね。

申し出を受けて、まだ出来たばかりの明治政府は苦慮しましたが、「国旗を売り渡す事は、国家を売り渡すことと同じ」として、この申し出を断ったのです。安津素彦という人の著作『国旗の歴史』には、明治時代にイギリス、フランス、オランダが、日の丸のデザインを買い取ろうとしたという記事があります。この時に日の丸のデザインを売り渡していたら、今の日本の国旗はどうなっていたのでしょうか。よくぞ、先人は日の丸を守ったものと思います。
 

買取まで考えませんでしたが、日本に憧れを持ち、「日の丸」を意識した国旗を作った国もあります。それはパラオとバングラディッシュです。

<パラオの国旗>

パラオ共和国は太平洋のミクロネシアの国で、国旗は青地に黄の丸を描いています。青地は南太平洋を意味し、黄色の丸は満月を表わしています。旧宗主国であった日本の国旗を元にしたデザインで、月(パラオ)は太陽(日本)によって輝くという意味が込められているそうです。 戦後1981年、パラオはアメリカから独立しました。独立の時に決められた国旗は、一般国民から公募した70数点中で一番人気のあった現在のデザインです。

第2次大戦中、パラオの人々は、近くでの戦闘で、強力な米軍と戦った日本人の勇敢さと純粋さに敬意を抱いていました。パラオの国旗の満月は、日の丸の太陽とは違って、中心から少しずれていますが、これは、日本に敬意を表して、まったく同じデザインでは失礼だからと、わざと丸を中心をはずしたためだといわれます。パラオの人のとても良い人柄がうかがえます。

パラオの国旗:日の丸によく似ています。

画像
 

<バングラディシュ>

バングラデシュも、国旗制定にあたり、日本の日の丸をモデルにしたといわれます。赤い円は昇りゆく太陽を表わし、地の緑色は豊かな大地を表わしています。赤い色は独立戦争で死んだ人々の血も表わしているそうです。ただ公的には日の丸をモデルにしたとははっきりしていません。

バングラディッシュの国旗:背景の色が違うだけで太陽は赤く、日の丸に似ていると言われます。

画像

 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
世界の国旗のちょっと変わった話を書いてみました。本当はまだ書きたかった話があります。例えば、「太陽を象徴している旗と太陽の色の違い」、「世界には全く同じ国旗の国が幾つかある」、「三角の国旗はどの国」、「色使いが一番多い国旗はどこ」、「日本人が国旗作りに関係した話」などなどです。しかし、膨大な記事量になりそうなので、これら他の話はまたの機会にします。

国旗は国の象徴であり、良かれ悪かれ、それを見て国を思い、泣いたり、喜んだりします。各国には国旗の出来た由来がたいていあり、それぞれの事情も絡んでいて出来たのが面白いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 213
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すごく楽しく読ませていただきました。イギリスの国旗のデザイン、掲揚する時、気をつけないといけないですね、白地の位置、デザイン初めて知りました。フランスの国旗の色は意味深い歴史を現しているんですね。アメリカの国旗の掲揚、時々間違うとか、アメリカらしく自由で大様ですね。オルセー美術館でモネのパリ万博の祝祭の絵画を見たことを覚えています、彼の蓮の絵のイメージから想像できなかったので印象深いです。日本の国旗のデザイン、評価が高いとは初めて知りました、ご存じない方が多いと思いますが?誇りたくなりますね。
Anne
2012/12/19 22:02
Anneさん
イギリスの国旗には複雑な歴史があり、スコットランド、ウェールズなどの国旗を重ね合わせています。したがってなんとも言えないデザインになったのですが、遠くからこれを見ていると上下の違いに気がつく人は少ないようです。

国旗の掲揚の仕方はちょっと複雑なところがあり、例えば万国旗を運動会の海上に縦型に吊るすときなど、見ていると間違いが多いですね。出来合いでつくってあるのを利用しているだけかもしれませんが、知ってしますと気になります。その国の人が見たらどうかな?と思います。

日本の国旗デザインは素晴らしいと思います。上記以外でも日の丸に似たデザインの国旗がまだあリますよ。
Jack
2012/12/20 18:43
英国国旗、上下逆?
画像を180度ひっくり返しても同じだと思いますが..または上下非対称。NHKの間違いも裏表逆であって上下逆ではないのでは?
スピン
2013/04/25 00:31
スピンさん
この記事は裏表のことを言っているのではありません。イギリスの国旗には見るべき方から見て、記事のように掲げるのが正しい。斜めの白いクロス部分の中の赤い線は上と下でその位置が違います。したがって、NHKは視聴者からみて国旗を本来の正しい位置に表示しなかったのです。記事の説明が良くなかったかもしれす、申し訳ありません。
正しい位置の国旗を表示するのはその国にとって重要な問題です。参考になる記事をリンクしておきます。

http://chichiroko.blog.so-net.ne.jp/2006-08-09
Jack
2013/04/27 15:36
パラオもバングラデシュも日の丸との関係は誰も言っていません。
パラオに至っては製作者が「日の丸とは無関係にデザインされた国旗である」と言っています。
んんっ
2013/11/23 14:06
ご指摘ありがとうございます。パラオなど関係があると明確に言っているのではありません。こうした話もあるという見解を紹介しただけです。私が知った範囲の話であり、公的な見解ではありませんので了解ください。
Jack
2013/11/23 16:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
世界の国旗の面白話:イギリスの国旗は上下で違っている?/フランスの三色旗の色別比率は違う? Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる