Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS 天気予報で「真冬並みの寒さ」、「この冬一番の寒さ」の言葉は変ではないですか?

<<   作成日時 : 2012/01/09 19:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

このところ日本語の乱れが気になっています。そうは言っても私自身の使っている言葉がどうも乱れているようなので、あまり大きいことは言えません。普段の生活の中で使っている会話での乱れはそんなには気にしていません。しかし公的な放送局などが繰り返し変な言葉を使っていると次第にそれが一般に人に移ってしまい、いつの間にか定着してしまうことがあります。NHKなど放送局は、かなり言葉使いに気を付けているらしいが、アナウンサーの話す言葉には、変だなと思うことがこのところあります。女子アナなどは結構今風と思っているのか、おや?と思うような言葉で話していることがあります。これがいわゆる芸能人になると、まったくいい加減な言葉の連発です。

比較的真面目な天気予報でも、どうかなと思われる言葉があります。天気予報って、気象庁が規定している、めんどくさいがしっかりした用語で放送していると思っていたら、それは一部で、その他の部分では、考えるとおかしな言葉があります。ネット上でも、私と同様におかしい!と感じる人が多く居るのが判りました。「なんだそんなことは何となく判ればいいではないか?」「いちいち目くじらを立てて言う必要はない!」と言う人も多いかと思いますが、放送局の言葉でも、誤解を生みかねない変な言葉も使われていると言うことを、ちょっと心のどこかに留めておいてください。今回は冬なので、天気予報の冬の寒さの表現について絞ってみました。

●「真冬並みの寒さ」とは、いつ頃で温度は何度ですか?

最近気になるのは「真冬並みの寒さ」という言い方です。この言葉は気象予報の用語にはありません。それでも気象予報士は、すごく寒い予報の時はこの言葉の連発です。?まず「真冬」とは、いつを指すのでしょうか?ひとつには二十四節季の「小寒」から「大寒」になり、さらに「立春」になるまでの間であり、大体1月初めの「寒の入り」から、2月3日の「節分」までが「真冬」という意見。またもう少し範囲を広げて真冬とは一般的には12月下旬から2月上旬ぐらいの寒さの厳しいころとの意見。しかし気象予報での言葉使いから推定すると、現実的には気象情報では「真冬並み」は、冬の一番気温が下がる「大寒」ごろ、つまり1月下旬から節分にかけての気温の平年値を目安にして、それに近い気温になると使う表現のようです。しかしこの真冬の寒さの感じは、その時期によって多少変わっています。12月はじめに「明日は真冬並みの寒さになりそうです」と言っている天気予報では、現実的に9度C位の最高気温でもそう言っており、これが1月はじめころになると、真冬並みはの天気予報は6度C位まで下がります。要するにこの言葉は温度の規定はなくあやふやなのです

そして、もう一つの疑問。「真冬並み」の「並み」の表現です。「並み」って何かおかしいと思いませんか?すなわち今はもう真冬なのに、「真冬並み」というのはどういうことでしょか?もし今がいわゆる真冬の季節なら、「真冬並み」なのは当たり前なので、ことさら「並み」を付けるのはおかしいのではないでしょうか。たとえば夏の最中の8月初め頃に「真夏並みの暑さ」と言いますか?「今日は真夏日です」などという言い方はしますね。どうも暑いときには「並み」は使わないで、寒い時だけ使うのは何か理由があるのでしょうか?多分本来は[「真冬の寒さ」並みの寒さ]と言うところを省略して「真冬並み]といつの間にか変化したのではないかと推定します。したがって皆に誤解の無いようにいうならば、まだ真冬の季節ではない時期に、すごく寒い時の予報は「真冬のような寒さ」、既に真冬の期間季節に入っているのなら、「真冬の寒さ」という言い方がいいと思います。

日本は南北に長く、冬の温度は相当違います。したがって、放送やメディアが全国一律に「明日は真冬並み」と言うと、地域によっては「真冬並み」の温度が違いおかしなことになります。例えば札幌の人が「真冬並み」の寒さと聞くと大体−1.6℃くらいだそうで、鹿児島の人はそれが12.1℃くらいの気温でも「真冬並みの寒さ」と取るそうです。そして上述のように12月上旬と1月上旬では同じ地域でも「真冬並み」の感覚が違うのです。気象用語は全てを網羅しているのではないので、規定の用語以外はなんとなくそれぞれの判断で使っているのが現状と私には見えます。

さて夏に「今日は真夏日だった」、「昨日は熱帯夜でした」などと、「夏の暑さ」には温度により明確に放送しています。しかし「冬の寒さ」については、それがちょっとあやふやのようです。冬でも気象用語には「真冬日」と「冬日」があります。でもあまり使われていませんね。参考に下に夏と冬の温度に関係ある特定日を書いておきました。

<夏と冬の温度関係の気象用語>

真冬日: 最高気温が氷点下で1日中気温が0℃未満の日

冬日: 最低気温が氷点下の日

寒の戻り: 立春(2月4日)より後に寒波来襲でまた寒くなること

夏日: 最高気温が25℃以上の日

真夏日:最高気温が30℃以上の日

猛暑日::日中最高気温が35度以上の日

残暑: 立秋(8月7日前後)より後の暑さのこと

熱帯夜: 気温が25℃未満にならなかった夜のこと

お天気キャスターの「森田さん」も「真冬並み」の使い方に疑問を持っており、森田さん系統の予報士はこの言葉を使っていないようです。しかしNHKの人は結構使っていますね。

天気予報士の森田さんのブログでも「真冬並みはおかしい」と言っています。

http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/25586566.html

冬の典型的な西高東低の天気図;こうなると「真冬の寒さ」になります。

画像



●「この冬一番の寒さ」とは、今まででの一番、それとも冬全体通して一番のこと?

天気予報などで「この冬一番の寒さ」とよく言っていますが、「この冬一番の寒さ」と言っても一度の冬に何回も聞くことがあります。いったい「この冬一番の寒さ」とはどの時点での一番なのでしょうか?冬も本格的になったとは言えない内に、「この冬一番の寒さ」ということもあります。例えば関東で、12月中旬ころに最高気温10度Cの予報で、「この冬一番の寒さ」ということがあります。そして1月初めに、最高気温8度C位でも「この冬一番の寒さ」と言います。どうしてこうも簡単に一番を入れて、気温が違っても「この冬一番の寒さ」との言い方をするのでしょうか?私なりの解釈すると、今の冬が始まってから、それぞれの時点で一番寒い日に「一番の寒さ」です。「この冬一番」は何回もある言葉であり、4月くらいになって、本当に「この冬で一番気温が低かったのはいつだろう」と言う時は、なんて言うのでしょうか?どうもきちんとした放送局が、気象予報やニュースでまじめに言うには、何かいい加減な気がします。考えてみると、このような言葉は誤解を受けるような表現ですね。もう少し良いいい方はできないのかな?私なりに考えると、「この冬になってから明日は一番の寒さにやりそうです」くらいか?日本語はやたら省略が多く、「このへんのことが省略しているからなんだよ」との理屈も聞こえてくるようです。

少なくとも日本では、「寒さ」は「暑さ」に比べて表現的にいい加減なところがあります。夏は「真夏日」、「熱帯夜」など具体的に、温度に関連して表現することが多く、「寒さ」にはそのへんのところの明確さが足りません。「暑さ」は全世界、熱帯でも寒帯でも大体において30−40度C位の範囲で通じます。しかし「寒さ」は、東京では最高気温が一日中マイナス以下の「真冬日」はめったになく、一方、北海道では最高気温が、0度以下はよくあります。また北極ではマイナス40度Cなど寒さもあり、寒さには極端な差異があります。よって一般的に話すときに、地域を限定しないと寒さの程度は一律には通じないので、現状では「寒さ」は何となくいい加減な表現になっていると思います。

気象庁の気温に関する用語です

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/kion.html

雪が降るような「この冬一番の寒さ」;でも北国ではこれは当たり前です。

画像


寒さ」について何かとりとめのない話になってきてしましました。そこで「寒さ」関連で、「寒さ」について知っている英語を書いておきます。

・It’s freezing cold today.
(今日は凍えるほど寒いね。)

・It’s chilly.
(肌寒いね。)

・It’s nippy.
(寒いよ。)

寒さ」の単語では、"chilly" → "nippy" → "freezing" の順にて寒くなります(形容詞)。またそれぞれの寒さの違いは下記の通りです。

・chilly
冷え冷えした寒さ

・nippy
風などで身を切るような寒さ

・freezing
凍るような寒さ

私は「寒がり」の方ですが、英語ではなんて言うのでしょうか?どうも簡潔ないい言葉がありません。辞書にもあまり出ていません。"I feel cold easily"の表現くらいかなと思います。暑がりは"I feel(get) hot easily."

さて「とても寒い」から段々暖かくなり、「暑い」に変わる順に単語を並べてみました。皆さんの中にはこの間にまだ入る「寒い」、「暑い」の程度順の言葉を、もっと知っている方もいるかと思います。。

<寒いから暑いまでの英単語(形容詞)>

・Freezing<icy<cold<nippy<chilly<cool 

("寒い"から、中間が"fresh"になり"暑い"に移ります)

・<fresh<mild<lukewarm<tepid<warm<hot

この「寒暖順の英語」については、このブログ内の下記の記事でも書いています。

寒暖の英単語

http://jack8.at.webry.info/201008/article_1.html

今回はテレビなど、メディアの言葉使いで変だなと思うことの一部を書いてみました。世の中の言葉、特に口語は時代を反映して変化しています。それはそれでいいのですが、定着してしまうまでの間は、「何かおかしいな」と思う言葉があり、それがこのところ増えています。「みたい」、「とか」などの若者言葉についても、結構シニア世代でも、本人は自覚なく使っている人がいます。少し前にテレビで芸能人ばかり20人ほど出ているトーク番組があり、「みたい」と「とか」を使わないで5分間シャベルという実験がありましたが、みんな話し上手なのに、だれもがこれを禁止されたら「全然話せないよ」言っていました。いかに多くこれらの言葉を知らずに使っているかということですね。アメリカの中学生の先生が、あるとき黙って1時間生徒に自由にしゃべらせて聞いていたら、"like", "something", "so on" などの話を断定化しない、あやふや言葉を60回以上使っていたそうです。英語はまず結論を言う、Yes, No.をはっきりさせると教えられてきましたが、若い世代の自由なおしゃべりでは、どうも日本と同様に「あやふやな言い方」が増えているようです。私は自由な会話では、変だなと思う言葉でもあまり気にしていませんが、ここに書いたように、半公的なマスメディアの言葉が乱れているのは気になっています。皆さんにも、「変な言葉だな?」と気になる言葉が多分いくつか心当たりがあるかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
若い人達と話をしていると、または話を聞いていると、口語は時代を反映して変化しているのを感じます。若い人のはやり言葉を覚えて使っていると、もうそれは死語だよと笑われたりする時、確実に時代の流れを感じます。面白い言葉使いもありますが、大抵は簡略した意味不明のものも多いですね。文章を書く時は相手にわかるように気をつけたいですね、私も含めて。
Anne
2012/01/09 20:57
Anneさん
たしかに若者言葉はわかりずらいですね。それもドンドン変わってゆくので理解するのは大変です。しかしこのような若者が社会にでて、英語で文章を書くと、変な日本語の頭で英語をそのまま書く事があり、笑えないような英語が出来上がります。私はそんな英文を過去何回も見たことがあり、指摘するまで本人はおかしいことに気が付きません。日本語が変なので英語まで変になっています。もっとも初めから英語の頭で考えている人はいいのですが。
Jack
2012/01/10 18:39
はじめまして。随分遅いコメントです。
今年に入ってやたらと気になっているTVでの表現のことをブログで紹介していたら、同じように気になっていらっしゃる方がいてホッとしました。私だけ気になっていると思っていたので。
勝手ながらリンクさせていただきました。
ramrin
2012/12/20 12:43
寒さが最も厳しい12月下旬〜2月上旬??
クリスマスはひな祭りよりも暖かいですよ。
寒さのピークは1月下旬〜2月上旬なんですがね。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_10d.php?prec_no=54&block_no=47604&year=&month=&day=&view=
真冬
2014/02/19 18:41
真冬さん
気象庁の見解とは別に、真冬とはいつか規定はむつかしいですね。その土地、年による違いもあります。したがって、寒さへの言葉使いも難しいのでしょうか?
Jack
2014/02/20 16:35
「今年一番の寒さ」この表現は間違っています。
だって、今年一番の寒さ。そう言っておきながら、何日後かが、もっと寒かった場合、また「今年一番の寒さ」って言うんだぜ?
お前、馬鹿か?って言いたいね。
とし
2016/01/12 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
天気予報で「真冬並みの寒さ」、「この冬一番の寒さ」の言葉は変ではないですか? Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる