Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS A sound mind in a sound body; 健全な精神と身体とは;大震災に思う

<<   作成日時 : 2011/03/29 22:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

3月11日に東北関東地方で巨大地震と津波、さらに福島第一原発の放射能事故と東日本は未曾有の災害にを受け、東京電力関内はいまだに計画停電も継続中で、社会生活でも経済活動でも長期にわたり影響が出ています。

災害で体はなんとかもっているが、精神的にはしだいにまいってきていて、それが体調不良にまでおよんでいることも多いようです。体と精神は関連があり、両方とも健全なら言うことはありません。しかし何かで身体もしくは精神が不具合の方は多くいます。今回はこれに関連して体と精神について考えてみました。

昔体育会系などで「健全なる精神は健全なる身体に宿る」とスローガンのように言われた時期がありました。しかしこの元になる原語の言葉からするとこれは誤訳でした。

A sound mind in a sound body 健全なる身体に宿る健全なる精神

が正解でちょっと意味が違いますね。前者の訳ですと、体の悪い人は健全な精神をもてないことになります。この元の言葉は古代ローマの詩人ユウェナリス(Juvenalis)のある詩の中の一説です。原語ですとわからないので、その英訳で説明します。

It is to be disired that a sound mind should be in a sound body.
我々は健全な身体に健全な精神が宿るように祈るべきだ。

ローマの詩人:ユウェナリスの原本
画像


これを"A healthy mind in a healthy body"と判りやすく言う人もいます。要するに健全な体だけでなく健全な精神もあるように努力すべきと言うことです。このローマの時代、スポーツが流行ってきて、肉体ばかり鍛えて、脳や精神のほうのことがおろそかになっていることをこの詩人が見て、「もう少し精神のほうもちゃんとしてみたら」と嘆いているのがこの詩が出来た由来です。

現在の世の中では、体の不自由な人、病気持ちの人など高齢化社会もあいまって、本当に全て身体が健康な人は少なくなっています。またストレスの多い社会になってきて、うつ病など精神的な病気になっている人が増えてきています。こうした社会では"A sound mind in a sound body"になれる状況はなかなか無いように思われます。 しかし"It is desired"となっているように、身体、精神とも良い方向に持ってゆくように各人は努力すべきとのこの言葉は今でも通じます。

さてこの言葉に関連したネーミングで面白い会社があります。スポーツ シューズメーカーの大手でASICS(アシックス)は、なんとこのA sound mind in a sound bodyから会社の名前をつけました。

ASICS社のマーク
画像


この言葉のラテン語であるAnima Sara In Corpore Sano からの略のASICSを会社名としたのです。本当はMens(才知)が原語ですがもう少し動的な精神を意味するAnimaにしました。この会社はかって、神戸で鬼塚商会としてスポーツシューズを売っていました。会社が大きくなってきてこの社名に変えたのです。余談ですが世界的なシューズメーカーであるNike(ナイキ)は、もともとは鬼塚商会のアメリカの一代理店でした。Nike創業者が大学の卒業旅行で日本に来たときに、鬼塚の靴を見てほれ込み代理店にしてもらったのが始まりです。会社名のNikeもまた、ギリシャ神話の勝利の女神Nike(ニケ)からとったものです。

このたびの大震災における日本人の規律のよさ、冷静さ、我慢強さは世界中のメディアから賞賛されています。震災で家、家族を一瞬で無くしたり、体が不自由のまま震災にあったりしても、あまり不平など言わず、略奪行為も起こらず、世界から見たら不思議なことと映ったのでしょう。ただこれでいい気にならないで、私達は平時での世界の批判を忘れてはなりません。すなわち「冷静さ、我慢の影に横にらみで行動することがが隠れている」、「自己主張がなく、合議がないと動かないので判断が遅い」などなど。。。

しかし日本人のこの特質はやはりすばらしいものと思う。日本人の特性を生かして、一緒に、うまく、力強く、着実に復興になることを信じています。

少ない電車を待って駅できちんと列を作り整然としている日本人

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ASICSの会社名の源、初めて知りました。さすがスポーツ製品のメーカーですね。心憎い心配りですね。
日本人の特質の素晴らしさと共に、その裏にある他の国からの批判、判るような気がします。心も体も
、何事にもバランスが大切なんですね。Thanks.
Anne
2011/04/05 10:59
ASICSの会社名はこの会社が他と合併するときに考えられたもので、CMでもASICSをラテン語で展開して説明しているものがあります。
日本人のとても良い特質は国民レベルでは良いのですが、どうも政府、会社などになると隠蔽体質、判断が遅い、危機管理が不得手などの日本人の特質の裏側の悪い面が出てきています。
この良い特質を精神と身体と同様に、バランス良く発揮知ることが大切ですね。
Jack
2011/04/06 16:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
A sound mind in a sound body; 健全な精神と身体とは;大震災に思う Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる