Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS Nickname, Given Name, Family Name; 英語の名前のお話

<<   作成日時 : 2011/01/31 19:41   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

先日英語のレッスンで、"Given Name"(名前), "Family Name"(苗字)が出てきました。そして今は"Firsrt Name"(名前)という言い方と、苗字も"Second Name", "Last Name"の言い方はあまり使われなくなったことを知りました。アメリカでは多くの国出身の人が住んでいることから、名前の順序は必ずGiven Nameからとは決まっていないようです。日本人の英語での名前の書き方も、山田太郎は"Yamada Taro"になってきたそうです。日本の教科書もこの書き方が主流とのこと。そういえば韓国人や中国人は苗字、名前の順序で書いている。明治時代に英語が入ってきた時に、Mickael JaksonのようにGiven Name, Family Nameの順であったので、単純に日本人の名前もそれに習ったことが始まりだったようですが、他の諸国は自国の風習の順序で押し通していました。日本もようやく本来の名前順の書き方になったということです。日本のパスポートや航空券も日本人名の本来の順で書くようになっていますね。

外国人にはどれが苗字か判らないのでは?の不安には、全て大文字で書いてあるのが苗字、コンマやスラッシュの前に書いてあるのが苗字であるとのルールもあるそうです。他に"Middle Name"と中間に置かれる名前がありますが、これは日本人にはあまり関係ないのでやめておきます。

ところで"Nickname"(愛称、あだ名)はどの国にもあるようですが、英語の場合、どうも本名からNicknameへ転換にはルールのようなものがあるようです。日本人にはNicknameのルールは無いと言ったほうが良い。英米人の代表的なNicknameをちょっと書いておきました。

男性

Given Name - Nickname

Albert - Al
Alexander - Alex
James - Jim
Richard - Dick/Rick
Robert - Bob
William - Bill/Billy/Will

女性

Chatherine - Cathy
Elizabeth - Betty/Beth
Margaret - Meg/Maggie
Sarah - Sally
Veronica - Ronnie

いかがですか?なんとなくNicknameつけ方にはルール的なものがありそうですね。ただどうしてこうなるのかな?とのNicknameもあります。その辺はいろいろ理屈があるようですが、本名よりやさしく覚えやすいのは確かですね。しかし今話題の英国のWilliam王子をBillとは呼べないですね。Nicknameははお互い気安い間柄だけですが、日本人の感覚よりはずっと間柄にこだわらず使っているようです。

ところで"Nickname"は一単語ですが、私はうかつにも一時"Nick Name"とスペースをおいて書いていたことがありました。あるとき気がつき"Nick"とは何だろうと調べたら、辞書には"Nick"とは「切れ目、刻み目、動詞で盗む」とかおよそ関係ない言葉が出てきました。そこでさらに調べたら"Nickname"の語源は"ekename"であり、"eke"には古英語で「また」とか「もう一つの」の意味があり、"ekename"で「またの名、もう一つの名」の意味があったそうです。これに不定冠詞を付けると、"an ekename"となり「アニーックネーム」と呼んでいた。これが段々と"an"の"n"が後ろの方へくっついて行き、"a nekename"になり、発音上のことや呼びやすさから "a nickname"に変化していった。そして"Nickname"となりました。どうしてそんな変化したの?との疑問も言語学的にはありえることらしい。他の例としては、「エプロン」の"apron"も最初は"napron"で不定冠詞を付けた"a napron"が"an apron"と誤解され、しだいに"n"が前にくっついていって、"an apron"---"apron"になったそうです。この辺のことを調べると面白いことが沢山あります。

さて「もう一つの名前」という意味では、Web上で"Handle Name","Screen Name", "ID"などが出てきますね。"Handle Name, Screen Name"はWeb上で使用するnicknameです。nicknameとしているところもあります。もともと"Handle"には「肩書き、あだ名」の意味がありますので、"Handle Name"ではNameを付けると意味が二重になっているので、英語では"Handle"だけで通じます。Handle Nameは和製英語と言われていますが、そうでないと主張している人もいます。英語ではたとえば、"I have a handle for this party"などとnameは使いません。"ID"は"identification"のことで、「識別符号、身分証明、一体化」などの意味があります。"ID"はWebだけでなく身分証明などかなり一般の書類などにも使われています。上記のものはたいてい"Pass Word"なる暗証符号とともに使用時に求められます。

実名を隠して、Nicknameでやりとりすると気が楽で、本音が言えますね。これが映像となると「アバター」になり、年齢からスタイル、服まで変身して全く違う自分になることができます。映画で"SNS(Social Networking Service)"の大手の"Facebook"の創業者の物語があり話題になっています。しかし日本ではFacebookは苦戦しています。世界中に5億人の会員があるのに日本では2百万人未満で、"Mixi"などにはるかにおよびません。これは日本のみの現象だそうです。なぜかと言うと、Facebookでは実名登録が原則で、日本人はプライバシーを気にする傾向があり、しかも機能が他より複雑です。これが日本人にはなじめないようです。Facebookはこれからもっと使いやすいように改良するらしいので、もしかしたらこれからは急速にはやるかもしれない?

実名とNicknameをうまく使い分けてどんどん発展するこれらサービスを楽しみたいものですね。

英米人Nicknameのリスト

http://www.rondely.com/zakkaya/irir/nme.htm

英語での名前の順序について

http://blogs.yahoo.co.jp/ikemurafirstbig/32313510.html

Facebookが日本で苦戦している理由

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000016-scn-int

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、映画 "Social Network" を見て
きましたが、日本で受け入れられない理由
が、この説明で分かりました。確かに日本
の国民性に合っていないかも知れません。
それにしても、ニックネームを見ただけ
では実名がなかなか想像できないですね。
日本人の私には、ルールが良くわからな
くて残念に思っています。
Anne
2011/02/04 15:20
Anneさん
FaceBookはこれから日本人向けに改善するようですので、今後もう少し増えると思いますが、実名登録では個人のユーザ−にはやはり引っかかるところです。法人やビジネスマンにはには積極的うまく取り入れようとするところも出てきているようです。

ニックネームも日本ではこの頃はその人に合っているかどうかまで気にして付けている人もいて、欧米とは間隔がずいぶん違いますね。私もあまりよくないニックネームだそうです。

Jack
2011/02/04 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
Nickname, Given Name, Family Name; 英語の名前のお話 Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる