Jackと英語の木

アクセスカウンタ

zoom RSS ハンガリーの小さな町からCoach(乗合馬車)、Stage Coach(駅馬車)へ

<<   作成日時 : 2009/09/17 19:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

前回アメリカの9月11日テロに関して、"Hijack"は西部劇時代に、駅馬車(Stage Coach)を襲う強盗の文言から生まれたと話しました。このころ西部の各町を連絡する一番早い便は町の駅(Stage)と駅をノンストップで走る駅馬車でした。

ジョン・フォード監督、ジョン・ウエイン主演の西部劇の有名な「駅馬車(Stage Coach)」は9人の色々な過去を持つ人達をのせての物語で、モニュメントバレーで撮影されました。昨年この撮影場所へ行き、アパッチが駅馬車を襲撃し、駅馬車が必死に逃げて行く場面の現場を目の前に見て、昔の名場面があざやかによみがえりました。ここは西部劇の撮影に好んで使用されるところで、「黄色いリボン」や、現代劇の「バックツー・ザ・フューチャー」や「フォレストガンプ」もここで撮影されました。

ところで、Stage Coachの"Coach"は馬車のことですが、この言葉の元は16世紀オスマントルコ支配下のハンガリーの小さな町"Kocs(コチユ)"がとても良いサスペンション付き4輪馬車を作って、それが次第にヨーロッパ広く伝わり、Kocsから馬車のことをKocsi(コーチ)となり、英語のCoachになり、町の名前が4輪馬車のことになったのです。

その後19世紀の鉄道の発達とともに客を乗せる車両から、鉄道の主に客車もCoachと呼ばれるようになりました。現在イギリスでは長距離バスもコーチ(Coach)と呼ばれ、近距離、街中のバスはBusです。アメリカではCoachとは呼ばないようです(Motor Coach?)。

またコーチと言えば、野球などスポーツのコーチもあり、これも同じCoachです。19世紀にイギリス、オックスフォード大学の金持ち学生が馬車で家庭教師を呼んで勉強をして、より良い成績になったことから、Coachが次第に良い方向に導く指導者として、現代のスポーツなどのコーチになりました。このごろはスポーツ以外でも指導することをコーチングと称しています。

ところで、New Yorkの有名ブランドのバッグのコーチも同じCoachです。今から50年ほど前にゲイル社からCoachに変えました。この名前も上記の”良い方向に導くもの”から、「お客に良い商品を届ける」、また「Stage Coachからアメリカ開拓者精神の表れ」を関連させて"Coach”と名づけて、そのブランドの紋章は駅馬車(Stage Coachとしました。今コーチのバッグには駅馬車の紋章が付いていますね。

こう見てくると、Coachってずいぶんいろいろな方向で意味があるなーと思います。

西部劇映画「駅馬車(Stage Coach)」
画像


モニュメント・バレーの駅馬車
画像


映画「駅馬車」でアッパチ襲撃場面の現場のモニュメント・バレー風景
画像


「コーチ(Coach)」のバッグには駅馬車(Stage Coach)が付いている。

画像


イギリスの長距離バスはCoach

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Make sense!そういう背景があったんですね〜。写真がきれいですね。モニュメントバレーはホントに雄大ですね
tina
2009/09/17 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
ハンガリーの小さな町からCoach(乗合馬車)、Stage Coach(駅馬車)へ Jackと英語の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる